【DX特集〈「Bカート」導入事例〉】 丸冨士、製菓・製パンの原材料の卸を展開 BtoB専用の設計が魅力

丸冨士は、製菓・製パンの原材料や包装資材、厨房機器の卸売りを手掛けている。全国のメーカーから仕入れた製菓・製パン材料を届ける「材料事業」と、加工製造する機械の販売などを行う「機械事業」を両輪に事業を展開する。
 
丸冨士は1957年に創業。倉石匡啓社長は3代目で、3年前に社長に就任した。長野県から新潟県、群馬県の一部地域を自社配送エリアとして、洋菓子店やパン屋、土産品工場へ原材料などを配送している。
 
新規開拓の営業は倉石社長が行い、営業社員3人、配送スタッフ5人がルート営業などを担当している。長野市内に構える本社兼物流倉庫から毎日午前と午後の2回、商品をピッキングし、自社配送トラックでルート配送する流れだ。
 
新たな取引先の多くは独立開業のケースが多く、これまで培ってきたノウハウを生かし、材料などの販売だけでなく開業サポートも担う。倉石社長は「機器の価格が下がるなど開業までのハードルが低くなり、ここ数年、パン屋などの独立の案件は増えている」と話す。
 
倉石社長の就任と同時に3年前にコーポレートサイトを刷新。サイトからの集客を強化したほか、卸売り専用のECサイト「marustock(マルストック)」を立ち上げて販路を全国に広げている。現在は売れ筋商品を中心に約1000品目を掲載している。
 
従来はFAXや電話、配送スタッフが対面で受注するケースが中心だった。営業する際もメーカーが制作した商品カタログを使っていたが、「自前の商品資料を作りたかった」(倉石社長)ことから、日々刷新ができるECサイトの立ち上げを決めたという。


工場の様子



使いやすさが導入の決め手

 
ECサイトの開設にあたり、数社のECカートを比較検討した結果、2017年にDai(ダイ)の「Bカート」を導入した。「BtoB専用に設計されている点やシンプルで知識がなくても使うことができた」(倉石社長)点が導入の決め手だったという。
 
ECサイトへの新規集客はSEOが中心。検索から流入するケースが多く、「BカートがSEOに強い仕組みになっている」(倉石社長)ことも魅力だった。
 
コロナ禍による需要増加もあり、2020年4月にECサイトの月間の売り上げが1000万円を超えた。取扱商品も食品全般に広げたところ、ECサイトでの売り上げ向上につながったという。倉石社長は「ECサイトが新たな販路開拓につながった」と話す。
 
対面での営業の際にも、ECサイトを見せながら提案したり、商品をその場で探すことができるため、有力な営業ツールとなっている。今後は、菓子が自宅で作ることができるキットなどの販売も検討しており、5年以内に年商10億円を目指す。


【「Bカート」サービス概要】

「Bカート」は、BtoBの受発注業務をEC化するクラウドサービス。BtoB特有のさまざまな商習慣に標準対応している。カスタマイズが不要ですぐに利用できる。中小企業から上場企業まで、800社以上の導入実績がある。現在30万を超える事業者がBカートで発注を行っている。稼働まで最短3日、月額9800円からスモールスタートすることができる。