「もやしもん」と「農学原酒」がコラボしたクラウドファンディングの告知ビジュアル。

石川雅之「もやしもん」と、東京農業大学の学生が開発した純米大吟醸「農学原酒」のコラボ缶を手に入れられるクラウドファンディングが、CAMPFIREで1月21日から2月25日まで実施されている。

これは日本酒を気軽に楽しんでもらいたいという思いから始まった「Ichi-Go-Can(いちごうかん)」プロジェクトの1つ。「もやしもん」とのコラボは、新型コロナウイルス感染拡大による飲食店やイベントの自粛で、全国の酒蔵で日本酒の消費が低下している状況を受け、日本酒を知ってもらう入り口として企画された。支援は1口7250円から。リターン品には、コラボ缶10本セットから150本セットまでが用意されている。

(c)石川雅之/講談社