日本コールセンター協会、賀詞交歓会を開催 ウェブ上で会員77社が参加

一般社団法人日本コールセンター協会(CCAJ)は1月15日、新春賀詞交歓会を開催した。オンライン上での実施となった今回は、全国から会員企業77社が集い、来賓を含めて約150人が会に参加した。
 
CCAJの下村芳弘会長は冒頭のあいさつで、コロナ禍にあった2020年における取り組みを説明。緊急事態宣言下の2020年5月に制定した「コールセンターにおける新型コロナウイルス感染症対策に関する指針」のもと、事業者各社が適切なセンター運用を行っていることに謝辞を述べた。
 
コールセンターが果たすべき社会的役割が増していることにも触れ、「業界の社会的プレゼンスを高めていく1年にしていく」(下村会長)と新年の抱負を述べた。