BtoB卸モール「NETSEA」、愛媛県の特設ページ「愛媛百貨」開設 自治体と初の協業

SynaBizは1月20日、国内最大級のBtoB卸モール「NETSEA(ネッシー)」において、愛媛県と協業し、特設ページ「愛媛百貨」を開設した。新型コロナウイルスの影響で集客に苦慮する地方の中小企業の販路拡大を支援する。

「ネットで仕入れ」の略称だという「NETSEA」は、登録バイヤー数43万社の規模を持つBtoB卸モール。大手企業から中小企業まで、あらゆる法人向けにサービスを提供している。

今回特設ページを開設した「愛媛百貨」は、愛媛県産品の認知拡大を目的に立ち上げたブランド。愛媛の美味しい「食」や優れた技術によって作り出される「モノ」を、より多くの人知ってもらうための情報発信を行っており、「NETSEA」の特設ページでは、今治タオルや砥部焼など多くの県産品を販売する。


今治タオルや砥部焼など県産品を販売

自治体との協業は、「NETSEA」にとって初の試みとなる。この試みにより、新型コロナウイルスの影響で十分に集客ができない地方の中小企業の販路拡大を支援するとともに、それに伴う廃棄ロス・滞留在庫の削減を図り、SDGsへの貢献にも寄与するとしている。「NETSEA」は今後も自治体との連携を強化しながら、SDGs貢献のための取り組みを進めていく考えを示した。


「愛媛百貨」
https://www.netsea.jp/special/ehime2101