女性初の快挙、グラミー賞を受賞したマスタリングエンジニアの成功ストーリー

デヴィッド・ボウイ、ベック、ヴァンパイア・ウィークエンド、ドリー・パートン、シーアなどのアーティストの数多くのアルバムのマスタリングを手がけた、グラミー賞受賞者でもあるエミリー・ラザールが成功のカギを語ってくれた。

めまぐるしく変化する音楽業界を牽引する人々の舞台裏に迫るローリングストーン誌の連載、At Work(アット・ワーク)。さまざまな職種や新しいアイデアの紹介、さらには新規参入者へのアドバイスをはじめ、音楽業界に関する多種多様なテーマを探求する。

エミリー・ラザールは、誇張抜きに4000枚近いアルバムのマスタリングを手がけてきた。自身のオーディオマスタリング施設、The Lodgeの創設者/社長/チーフエンジニアとしてニューヨークを拠点に活動するラザールは、ニューヨーク大学(NYU)のシュタインハルト・スクール・オブ・カルチャー・エデュケーション・アンド・ヒューマン・ディベロップメントの名門、音楽テクノロジー科を卒業後、アーティストおよびプロデューサーとして音楽業界でのキャリアをスタートさせた。それ以来、この業界で20年を超える経験を積んできた。そんなラザールは、ベックのアルバム『Colors』のエンジニアとして、2019年にグラミー賞最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)という女性初の快挙を成し遂げた。音楽業界屈指の売れっ子エンジニアのひとりであるラザールは、デヴィッド・ボウイの『Heathen』、マギー・ロジャースの『Heard It in A Past Life』、ヴァンパイア・ウィークエンドの『Father of the Bride』、シーアの『1000 Forms of Fear』、Sleigh Bellsの『Treats』といったアルバムで数々の賞賛を受けたが、アーティストの地位向上と音楽業界における女性リーダーの擁護に謙虚にこだわり続けている。音楽業界のスピードが加速するなか、ラザールの仕事は難しさを増すものの、自称「アーティストの音楽を世に送り出す助産師」としての責任に対してやりがいを感じている。

ー仕事を始めるまでの毎朝のルーティンは?

気分が乗っていたら、徹夜で作業できるんです。なので、次の日の朝は、その前の夜次第ですね。がんばって毎朝決まった時間に起きようとしたのですが、無理でした。目覚まし時計の音が大っ嫌いなんです。最低の発明品ですよ。ベッドから出てまずやることは、息子をしかるべき場所に連れて行くことです。

息子を送り出したら、それが何であれ、前夜の作業の”リカバリー”に速攻で取り組みます。私のクライアントは世界中にいるので、連絡してくるタイムゾーンはさまざまですし、私が寝ているあいだにショートメッセージを送ってくることもあります。そのため、後片付けというか、寝ているあいだに届いたメッセージに返信するんです。私が目を閉じるや否や、百万件のメールが送られてくるような気がします。

ワークアウトして、朝食をとって、それからスタジオに向かいます。マスタリングエンジニアとしては、スタジオでトラックを聴くことに多くの時間を費やします。たいていの場合は、アシスタントのクリスと一緒です。クリスは逸材なんです。

ースタジオではどのような作業を? どのようにして時間を使っているのでしょうか?

私が取り組んでいるものすべて、あるいはクライアントが掘り下げているものを聴きます。アイデア、レファレンストラック(訳注:ミックスやマスタリングを行う際に、音作りの参考として使用する楽曲のこと)、レトロであれ新しいものであれ、クライアントがインスパイアされたものなどです。クライアントの要望は、ときには「スティーヴィー・ワンダー風に言うなら、黄色みたいなサウンドで、古めかしい感じがするアルバムにしたい」などです。こうした表現は、いろんな要素が混ざり合っていて、とてもクールです。私は、ここから会話を発展さていきます。アーティストと会話できる機会は私にとってすごく大切で、アーティストが私のそばにいてくれる参加型のセッションのほうがやりやすいんです。彼らが思い描く雰囲気を一緒に感じるのですから。ツアーで世界中を回っている途中だからとメールで連絡が来る場合は、とても詳細な指示を出してくれます。「このサウンドはフリートウッド・マックみたいな感じにしたい。まるで彼らが……」とか。

アーティストと一緒にクリエイティブな方向性を見つけていきます。彼らの中には、複数バージョンのトラックをつくりたがる人もいれば、極めて明確なリクエストを出してくる人もいます。その他の人たちは、私が正しいと判断することをしてほしいと思っています。

>>関連記事:産後に死を覚悟したからこそ新しいキャリアを見つけた女性起業家

ーどれくらいの頻度で徹夜作業をするのですか?

クライアントの締め切りや進捗状況次第ですね。私はニューヨークにいるので、ロサンゼルスの人たちと仕事をするときは、夜遅くまで働きます(訳注:ロサンゼルスとニューヨークの時差は3時間)。スタジオで一緒に作業をしているときは、彼らが必要とするだけの時間をかけますし、みんながハッピーになるまで続けます。だから、(徹夜は)しょっちゅうですね。というのも、アーティストの役に立ち、彼らが必要なときに頼れる存在でありたいのです。私は、世に出る前に楽曲を最高なものに仕上げられる最後のチャンス、いわば、長旅に出る前に立ち寄る最後のガソリンスタンド的な存在で、この連鎖の重要な一部なんです。というのも、レコードを仕上げる前に多くのことを判断しなければいけませんから。

ー3000枚超のアルバムを手がけてきたという記事を拝読しました。ご自身の実感としてはどうですか? 1枚のアルバムの制作にかかる時間は?

それは古い記事ですね。実際、いまは4000枚近いと思います。アルバム1枚の制作には、その人がかけたいと思うだけの時間がかかります。理論上、私はトラックごとに1時間かけます——52回やり直しをさせられるとか、誰かが指示していないときは。やるのは、イコライジング、コンプレッシング、エディティング、ステムマスタリングですね。テクノロジーの進歩のおかげで、アーティストがスタジオで自らミックスしたトラックを私に送り、私がマスタリングして戻し、一緒に改良できるようになりました。

時折、テクノロジーがまるでパンドラの箱のように思えることがあります。でも、私自身は相手が望むことを叶え、満足するまで一緒に作業できることに大賛成です。世間には、取るに足らないものがあふれています。でも、私は最高のアーティストたちと仕事をしてきましたし、彼らにひとつ共通点があるとしたら、楽曲のサウンドに対して極めて強いこだわりを持っているという点です。彼らはいつも自分自身をもっと良くしようと努力を重ね、やろうとしていることを維持し、守り、拡大しようとしています。ですので、彼らをサポートするのに一役買えることにとても感謝しています。


ーどのようにしてアーティストとの人間関係を築くのでしょうか? とりわけ、細かい要望を出してくるアーティストにはどのようなアプローチを?

私は、アーティストの音楽を世に送り出す助産師、音楽に命を吹き込む存在です。実際、心理的にも出産のプロセスに似ています。人は、自分の作品に対して強い不安を感じることがあると思いますし、一緒に室内にいて、赤ちゃんを抱いていて、私が「ほら! あなたの赤ちゃんよ!」と言うのに対し、「私の赤ちゃん、ブサイクかしら?」という言葉が返ってくるようなときがあるんです。そんなとき、私は「いいえ、きれいな子よ」と返します。恋をしている自覚はあるけれど、他の人がそれについてどう思うか気になるときもありますよね。ですから、この役割を任されるのは名誉なことなんです。

ベテランのマスタリングエンジニアとして、音楽業界におけるテクノロジーの進歩によってあなたの役割は変わったと思いますか? マスタリングエンジニアとして働くのはいまのほうが大変でしょうか?
もちろんです。昔は、すべてがテープで、アルバムは完璧にマスタリングされたものでした。常に変更を加える、なんてことはありませんでした。「これが作品の完成形になる」というのが従来のやり方でした。いまでは、自分のミックスに100パーセント満足していない場合は戻ってやり直します。昔は、ミキシングが終わってからマスタリングを行いました。マスタリングは、いちばん最後のプロセスだったのです。

いまでは、ミキシングとマスタリングを同時に行うことができます。ですから、アーティストが突然「何が何でも、ここのボーカルをもう少し荒削りなサウンド、ちょっとエッジの効いたサウンド、あるいはもっと甘い、またはもっと温もりを感じさせるものにしたい」と言えば、私はボーカルの周波数を調整しなければいけません。これは、その周波数の範囲にあるボーカル以外のすべてを調整することでもあります。そのため、ギター、パーカッション、キーボードも調整しなければいけないかもしれません。誰かに「コーラスの片割れの音が小さすぎる」あるいは「バックコーラスの抜けが足りない」と言われたら、トラックの他の部分もいじる羽目になるんです。

ーこの仕事をしていて学んだ最善のアドバイスをひとつ挙げてくださいと言ったら、それは何ですか?

”ネバーギブアップ”。これは、すべての人へのアドバイスです。批判してくる人はいつでもいますし、(マスタリングという仕事は)アーティストとの会話でもあります。彼らは、アーティストとして困難な状況を乗り越えようと奮闘する苦悩を感じているのです。彼らの苦悩は、そんな彼らに従来オープンではない分野で働く人たちにも伝わります。大切なものがあって、それなしには生きることができず、そのおかげで心から歌いたくなるような気分になるのであれば、諦めたらダメです。それは、あなたの存在理由なのですから。

ー困難について質問です。乗り越えるのがもっとも大変だった最大の困難は何だったと思いますか?

答えは言うまでもないのですが、女性であることです。誰もが自分の実力を証明しなければいけませんが、駆け出しの頃は、本当の意味で”優れた能力”と言える技術的な力を持っていませんでした。作曲から入ってサウンドエンジニアリングを学びましたが、それは、こうした環境でこき使われるのが絶対に嫌だったからです。スタジオで唯一の女性という状況は、最悪でした。あらゆることを学ぼうと、本当にハングリーだったんです。私は、自分にもっともっと高いハードルを設定しました。というのも、周囲の誰もがそうしていることを知っていたからです。どこかのろくでなしに絶対振り回されたくなかったんです。昨年、私は女性初のマスタリングエンジニアとしてグラミー賞最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)をいただきました。マスタリングエンジニアが実際受賞できるアワードはひょっとしたら4つしかないので、ノミネートされただけでも大変な栄誉です。

>>関連記事:ヒット曲を次々と世に送り出す米音楽出版社CEOが語る、ダイヤの原石を探すコツ

ー音楽業界にとって最大の脅威は何だと思いますか?

ひどい音質。ストリーミングは本当に最高ですし、音楽を即時にリスナーに届けるパワフルな手段です。でも、ストリーミングは私にとって悩みの種でもあります。音質は大幅に低下しました。スタジオで行われていることがリスナーの耳に届いておらず、こうした状況を変えることが私の使命なのです。例えるなら、壁にかけられたゴッホの「星月夜」——見事なブルーと深いイエローが印象的な美しい絵です——を鑑賞しているとしましょう。その絵をモノクロでコピーし、それをまた複製して切手の大きさまで縮めたと想像してください。そんなものを見るのにお金を払いますか? 本物の絵画のようにそれを見て感動しますか? 感動なんてしません。それに、「わざわざこんなゴミを見るのに、何でお金を払ったんだろう?」のような別の感情が湧いてくるでしょう。音楽は芸術です。それは人を踊らせたり、感情を呼び起こしたりするものです。そんな音楽を守るのは、本当に大切なことです。

ーご自身の音響機器のセットアップについて教えてください。

史上最大のヘッドホンのコレクションを所有していると思います。お気に入りは、STAX、GRADO、FOCALのような、数千ドルはするオーディオマニア向けのハイエンドなものだと思います。でも、AirPodsも持っていますよ。一般の人たちが音楽ストリーミングでどんな体験をするかを解析するのは大切ですから。いくつかの企業がHDオーディオの限界に挑もうとしているのはとても嬉しいです。私は、断固としてSpotifyのファイルのサウンドのファンではありません! これはSpotifyの課題ですね。アーティストがどのようなサウンドで楽曲を聴いてほしいと思っているかをテクノロジー企業が尊重できなければ、せっかくの音楽を楽しむ機会を逃してしまいます。



連載:AT WORK
音楽業界を牽引する人々の舞台裏に迫る、米ローリングストーン誌の連載「At Work(アット・ワーク)」
From Rolling Stone US