リフォームサービス「HAGS」、「LINEリフォーム見積りサービス」開始 インスタ画像などから概算費用を算出

ITとリアルを融合した中古住宅プラットフォーム事業を展開するWAKUWAKUは1月15日、自宅リフォーム・リノベサービス「HAGS(ハグス)」において、オンラインで手軽に完結できる「LINEリフォーム見積りサービス」を開始した。リフォーム・リノベーション業界におけるオンライン化を推進する。

「HAGS」は、家庭用DIY用品から建材・リノベーションアイテム、オリジナル商品などの約1万8000点を超えるアイテムを揃え、ECでのアイテム購入と同時にリフォーム・リノベーションの施工を依頼できる自宅リフォーム・リノベサービス。


「HAGS」のサービスイメージ

今回開始した「LINEリフォーム見積りサービス」では、LINEのチャット機能を使い、オンラインで見積りを提供する。利用者は、チャット内でいくつかの質問に回答し、現状の写真、理想の写真を送信すると、翌営業日中に概算見積が回答されるという。対象の空間は、洗面所、トイレ、書斎、玄関・廊下、土間キッチン、リビングダイニング。理想の空間と現状の写真があれば手軽に概算がわかるため、リノベーションがより身近なものとなるとしている。「LINEリフォーム見積りサービス」の結果を受け、より詳しく知りたい、リノベーションの相談をしたいと希望する場合は、対面またはオンラインでの案内や現地調査(対象エリアは東京・大阪・名古屋付近)も無料で行うという。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに自宅時間が増えたことにより、自宅の一部だけをリノベーションする「プチリノベ」需要が増加しており、特に書斎、キッチン、土間などのニーズが高いという。また、これまでの住まい方として定義付けられてきた「住宅に暮らしを合わせる」という価値観から、「自分らしい暮らし方に住宅を合わせる」いう思考へのシフトチェンジの傾向もあるという。



昨今では、ピンタレストやInstagramといったSNSを通じて、いつでも気軽に理想の暮らしに出会える機会が増加。一方で、「どれくらいの価格になるのか?」「どのようにすれば?」など、自分の暮らしへの取り込み方がわからないという課題を抱える人が多いのが現状だという。これまではリノベーションをする検討する際は、まずは工務店探し、現地調査を依頼しなければ概算さえわからず、昨年から続くコロナ禍の影響により、他者に自宅に来てほしくないという状況も伴い、見積りをとることがハードルの高いものとなっていたとする。

その点「LINEリフォーム見積りサービス」は、オンラインで完結でき、LINEを使った簡単なやり取りで手がるに見積りをとることができる。「HAGS」は、リフォーム・リノベーション業界において、自分らしい暮らしの実現をより身近なものとして捉えてもらうための手段のひとつとしてオンライン化を推進しており、その第1弾として「LINEリフォーム見積もりサービス」の提供に至ったとしている。