中東初のウェルネス特化型リゾートでファミリー・ウェルネスのコンセプトを体現

2021年前半にオープン予定のズラル・ウェルネスリゾート by チバソムは、ウェルネスのパイオニアとして世界に名を馳せるチバソムが、ウェルネスの新領域に進出する画期的なリゾートある。

大きな期待が寄せられている新リゾートは、最先端の施設を完備し、「wellness is for everyone」(ウェルネスはすべての人のため)というチバソムの信念に基づき、大人のみならず、子ども向けのサービスも取り揃える。次世代のゲストが、ワールドクラスのウェルネス、健康的なライフスタイルに関する知識、アラブ・イスラム伝統医学(TAIM)における先駆的な新しい施術を体験できるよう工夫されている。

ズラル・ウェルネスリゾートは、「ズラル・ディスカバリー」と「ズラル・セレニティ」の2つのエリアを備える。前者のズラル・ディスカバリーは、ファミリー向け。"ファミリー"という本質的な価値に根ざしたウェルビーイングへのアプローチを確立したズラル・ディスカバリーは、ファミリー向けに強化したウェルネスサポートを提供し、家族が質の高い時間を一緒に過ごすことにより、絆がさらに深まるようアシストする。計120室の客室とスイートを擁し、インターコネクトルームから、コネクティングルーム、1〜3ベッドルームのヴィラまで、幅広い客室タイプをご用意。託児所やキッズ向けダンススタジオなど、ゲストの年齢に合わせた施設を完備するほか、ファミリーで利用できるトリートメントルームやウェルネスセンターを開設し、現代の家族旅行の多様なニーズに応えている。

【ファミリー・フェルネスのスタイル】

"砂漠の宝物"を意味する「クヌーズ・アル・サハラー」(Knooz Al Sahraa)と名付けられたファミリー向けウェルネスセンターは、"子どものホリスティックな発育"と"家族の絆"に特化したコンセプトとデザインが特徴。専門家によって開発されたイノベーティブでインタラクティブなアクティビティは、楽しいことはもちろん、若いゲストたちが好ましい生活習慣について興味を持ち、詳しく学ぶことを促す。そして、ウェルネスセンターでの様々な体験が、より良いライフスタイルを築く最良の基盤となることをめざす。教育、運動、創造、栄養に関する各種アクティビティは、遊び心に溢れた方法で重要なライフスキルを身に付けるために、砂漠の動物を比喩に用い、動物たちの特徴を踏まえた分かりやすい内容で構成されている。知恵、ビジョン、保護を意味する「ファルコン・スタジオ」などのスペースでは、家族の絆を深め、家族としての成長を再活性化することを目的とした体験とアクティビティを厳選して提供する。砂漠に生息するオリックスの強さと持久力を象徴する「オリックス・ワークショップ」の遊び心に満ちたワークショップには、ダンスなどのエクササイズのほか、栄養の役割、ハーブ、地域独自の料理法について学ぶことができる体験も含まれている。知性を象徴する「フォックス・デン」は、フィジカル及び脳のトレーニングエクササイズを通じて認知発達を支援し、アート&クラフトのアクティビティを通じて創造性を育む。

スパは、アラブの伝統的なヒーリング療法に基づくウェルビーイングの原則を尊重した、健康とウェルネスへのホリスティックアプローチを提供する。メンタルとフィジカル、そして栄養面での健康に焦点を当てたトリートメントは、400種類以上にも上る。最年少のゲストとその家族のために考案された「ナーチャー・キンダー」プログラムは、自由な表現と創造性の発達、そして身体動作の探究に重きを置き、若い年齢での健康的な食事習慣の重要性を学ぶ。幼いゲストが新しいスキルを学ぶ「ヘッジホッグ・ナーサリー」は、彼らのペースで探究できるよう、専用の休憩エリア、ソフトスペース、プレイステーションを完備する。キッズ向けの「ジュニア・リトリート」は、シェフをめざす本格的なカリナリー活動やヘルス&ウェルネス・セラピーを通して、自己発見の旅へと導く。

セラピーは、レイキから、ヘッド&ショルダー・マッサージ、マインドフルネス&ブリージング瞑想まで多岐にわたる。10代の若いゲスト向けの「アドベンチャー・ティーンズ・リトリート」は、タイボクシング・フィット、サイクリング、ハタ・ヨガ、ビーチ瞑想などのアクティビティで構成されている。いずれもコーチが付き、青年期へ向けて健康的なアプローチを促す。さらに、家族が一緒に取り組める「ファミリー・パッケージ」も用意する。年齢を問わず楽しめる幅広いアクティビティを家族と一緒に体験し、充実した時間を共有していただける。

チバソムの会長兼CEOのクリップ・ロジャナスティンは、「私たちは、過去25年間にわたり、ウェルネスと生活習慣の急速かつ漸進的な進化を目撃してきました。健康に関する様々なトレンドが生まれては消え、健康とウェルネスを目的とした旅行スタイルも大きく変化しました。私たちは、マインド、ボディ、スピリットの持続的な変革をもたらす、ホリスティックかつサステナブルなウェルネスプログラムを提供するというコミットメントを維持しながら、ズラル・ウェルネスリゾートで、新しいサービスを開発できたことに興奮を隠しきれません。特にファミリー向けのサービスにより、ゲストに大きな柔軟性を提供し、次世代を担う若いゲストのウェルネスの増進につながることを期待しています」と、コメントしている。

ズラル・ウェルネスリゾートは、ウェルネスリゾートの代名詞的な存在として世界をリードするチバソムが運営を担う。タイ王国ホアヒンに位置するフラッグシップリゾートは、25年前の創業以来、世界的に高い評価を受けている。カタールに誕生する当ウェルネス・デスティネーションは、同国最大規模であり、中東初となるウェルネス特化型リゾートである。リゾート内には、世界初の「アラブ・イスラム伝統医学センター」も開設される。ズラル・ウェルネスリゾート by チバソムは、伝統のみならず新しい文化も包含する地域遺産にインスパイアされた最先端の建築とサービス、さらにアラブ料理と地中海料理をベースに開発された独自のウェルネスキュイジーヌを提供する。