剛力彩芽「ダンスをしているときは自分の感情が1番表に出る」知られざる素顔を披露
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。1月11日(月・祝)のお客様は、剛力彩芽さんと映画監督・映像ディレクターの洞内広樹さん。剛力さん主演・洞内さん脚本・監督の短編映画「MASKAHOLIC」(今年公開予定)のお話から大人気漫画「天使なんかじゃない」実写化の話題に!?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)剛力彩芽さん、洞内広樹さん



◆「言葉で伝えるのが下手だから、表現にたどり着いた」(剛力)

剛力:言葉で伝えるって1番大変じゃないですか?

洞内:いやぁ、本当に。言葉は解像度が低いですからね。頭で思っていることの何分の1も(表現できない)って感じですよね、本当に。

剛力:私、言葉で伝えるのが下手だから、表現っていうものにたどり着いたんですよ。

洞内:なるほど!

剛力:そう。すごく苦手だったんです。小学生、幼稚園、小学生のときとか基本的に人と話せなくて。心では思っていても、何て言ったらいいのかわからないっていう。いまだにそれはプライベートだとけっこうありますけど。

洞内:それでも思いがどっと出るのは、踊っているときとか演技しているときとか?

剛力:そうなんです。特にやっぱりダンスをしているときは自分の感情が1番表に出ますね。

洞内:へぇ。ダンスって僕みたいな素人の考えだと「楽しくてたまらない!」みたいなポジ方向があふれ出したときに、体が躍動するみたいなイメージがあるんですけど、(気持ちが)ダウナーな方でも、身体に思いがあふれ出るみたいなことってあるんですか?

剛力:そういうときもありますね。切ないとか、悲しいとか、苦しいみたいなものも自分のなかでは。まぁある意味、ストレスの発散もダンスでできるというか、苦しい思いみたいなものもダンスで吐き出せる。

洞内:それはアドリブで踊るんですか?

剛力:それもありますが、でも基本的には振り付けがあったほうが私は好きですね。

洞内:曲をかけて、体を動かして。そのときは何を思っているんですか? 無になる?

剛力:無……でも、曲のイメージとかに合わせて踊ったりする、だから邦楽で踊るのがすごく好きなんです。知っている曲で、言葉がわかる曲で。だから洋楽で踊るときも、基本的にちゃんと事前に歌詞の意味は必ず調べます。だから言葉だけで勝負できる洞内さんはすごいなと思いますよ。

洞内:いやぁ……本当はもっと口下手なほうがいいと思いますよ。

剛力:(笑)。

◆「天使なんかじゃない」は永遠のバイブル(剛力)

洞内:好きな女優さんとかいるんですか?

剛力:あんまりいないんですよ。私、そもそもこの仕事をしたいと思ったきっかけが、自分が表に出たいというか、誰かの好きな人になりたいと思って始めたので。憧れとかがなかったんですよ、最初から。

洞内:すごい! 純度が高い。自分が誰かに勇気づけられたみたいな原体験があるってことではないんですね……でも、そういう漫画はありますよね?

剛力:あります! もうあれは、私の永遠のバイブル。「天使なんかじゃない」(原作・矢沢あい)。

洞内:俺もです! とんでもない名作ですよ。剛力さんは(須藤)晃が好きなんですよね?

剛力:晃が好き!

洞内:晃をできる俳優がいるかな。

剛力:いない……いや、(冴島)翠ちゃんもいないですよ。本当に、やれるものならやりたいですけど、(自分は)翠じゃないって思っちゃう(笑)。

洞内:でもキャラ的には翠ですよね。太陽のような……もうね、あんな学園生活を送りたかった、本当に。

剛力:洞内さんはご自身のnoteで「天ない」をもし実写化するなら、スマホを持たない時代の設定のままで(やりたいと)書かれていたじゃないですか。それが「もう最高」と思って。

洞内:それは絶対にそう。だってスマホがあったら。クリスマスケーキを買って待ってる、とかLINEがあったら一発ですからね。やっぱり90年代じゃないと成立しないなって思ったのは、基本的には人生や世の中がうまくいくって信じられる思春期っていうのもそうなんですけど、世の中的にも90年代という時代が持っているポジティブな空気、というか。

今はどちらかというとスーパーハッピーにはなれなかった人のドラマがある、みたいな感じで、いろんな作品が作られているように思うので。やっぱり現代に置き換えるのは無理だなと思いましたね。

◆お芝居だけはAIにはできない(洞内)

洞内:このあいだ、(剛力さんが出演していた舞台で、稲垣吾郎さんがベートーベンを演じた)「No.9 -不滅の旋律-」を観て素晴らしいなと思ったんですけど、舞台って年齢や国籍を超えて表現に特化することができるじゃないですか。

映像で剛力さんが翠をやるとしたら、パフォーマンスキャプチャーがいいと思うんです。演技丸ごとキャプチャーして……僕の大好きなジェームズ・キャメロン監督が映画「アバター」で採用したシステムでなんですけど。別に、変な話、見た目は剛力さんじゃなくても全部剛力さんの演技で、翠が表現されていれば。

剛力:確かに。この年齢でさすがに制服を着るのはちょっと無理がある。

洞内:だからそれが俳優の仕事ってもったいない、というか。自分の実力のピークはどこに来るかわからないし、需要のピークも年齢や脚本家が作る話、役の年齢分布とかもあるので。今こそ演技力がピークであるっていうときに、舞台だったらできるじゃないですか。映像だったらCGで作ってさ、っていう。

剛力:お芝居だけはやらせていただく。

洞内:お芝居だけはAIにはできないですからね。

剛力:それ、やりたーい!

洞内:やりましょう!

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

1月19日(火)s**t kingz(Oguriさん・Shojiさん)×C&K(CLIEVYさん・KEENさん)
1月20日(水)深川麻衣さん×小見山峻さん(写真家)
1月21日(木)紗倉まなさん×田中慎弥さん(作家)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!
<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/