剛力彩芽 マスクを付けて映画主演!? 「よくあれを思いついたなって思いましたもん」
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。1月11日(月・祝)のお客様は、剛力彩芽さんと映画監督・映像ディレクターの洞内広樹さん。剛力さん主演・洞内さん脚本・監督の短編映画「MASKAHOLIC」(今年公開予定)で一緒になったお2人。主演女優がずっとマスクをしている映画って一体!?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)剛力彩芽さん、洞内広樹さん



◆剛力彩芽、マスクを付けて映画主演!?

剛力:洞内さんとはまだゆっくり飲めていないですから。

洞内:そうなんですよね。(剛力彩芽さん主演・洞内広樹が脚本・監督を手掛けた短編映画「MASKAHOLIC」の)打ち上げをしたかった、本当に。

剛力:でも、いつかしましょう。映画のよさですよね。いつか公開するタイミングがあるから、そこでまたみんなが集まれるきかっけになるというか。

洞内:そうですね。夏ぐらいに作っていて完成して、だいぶ経っちゃいましたからね。

剛力:そうですね。早くみなさんに観てもらいたいですね。でもよくあれを思いついたなって思いましたもん、「マスクホリック」。

洞内:剛力さんで何か映画作ろうぜ、って言われて。でもそんなにしっちゃかめっちゃかできないような世の中じゃないですか。だから主演女優がマスクをずっとしている設定だったら、安全なんじゃないかっていうところから始まりまして。

剛力:いやぁ、すごい。その発想が面白いな、と。

洞内:だから、目で表現しなきゃいけないですからね。そういうこう、枷を課してみようっていう、いじわる心(笑)。

剛力:最初の打ち合わせのときに、「海外の映画では目を隠す」みたいな話をされていたじゃないですか。私、あれがすごく衝撃で。それからすごい気になって洋画を観るようになっちゃって。

洞内:そうですね。日本の顔文字は目の変化で表情を伝えるけど、アメリカとか欧米の顔文字は口の表情で伝える。バットマンも口を出してるし。でも、みんな顔の半分を隠してるっていうのはちょっと異常な状況だなとは思いますよね。

剛力:やっぱり表情がわかりづらいというのもあるし。でも面白いから本当に早く観てもらいたいなって思いました。

◆脚本家さんの書いたものと監督さんの思いを表現したい(剛力彩芽)

剛力:お芝居って技術だと思うって話を以前、監督とさせていただいて。

洞内:すごく覚えています。僕も、演技は技術だから再現性があってほしいって話をしましたね。感性じゃなくて技術だからって。

剛力:感性でお芝居をするっていうのも、もちろん大事だと思うんですけど、私自身はそこまで才能というか、期待以上のものができるとは思っていなくて。

洞内:そうなんですか? 期待以上でしたよ、今回間違いなくそれは。

剛力:本当ですか? そう言っていただけてうれしいです。基本的に私、映像作品って監督のものだと思っているんです。だから、監督がこういう風にしたいっていうところに私はたどり着きたくて。そのなかで「いいね、それ!」ってなったら、もちろんいいのかもしれないんですけど。監督と意見交換しながら作られる方もいらっしゃると思いますが、私はそれがすごく苦手で。だからそういう風に言ってもらえたのが、めちゃくちゃうれしかったんですよ。

洞内:なるほど。まぁ確かにいっぱいいますよね。でも、だから俺、俳優って仕事は面白いなって思うところでもあって。純粋に自分が伝えたいメッセージではないじゃないですか。

誰かが描いた他人を演じる。人からもらったセリフをどう表現するかって、すごく不思議な仕事だなと思いました。それはタレント業や僕のいるコマーシャル業界でもそうですよね。純粋に本音ではないことを「本当だ」という体で表現して、報酬を得て、それが仕事になるということじゃないですか。それってものすごく素敵な虚構というか、ものすごくポジティブな嘘というか。

剛力:うんうん。

洞内:面白いなって思いましたね。だからやっぱり、嘘をつくって言うとすごく語弊がありますけど、やっぱり“技術”なんだなって思いますね。

本心とリンクしないとセリフを言えないっていう俳優さんは、すごく純度が高いアプローチをしているんだと思います。「しっくりこない。私だったらこうしないな」みたいな。そういうの、ないですか? もらった台本で、「え、ここでこれ言う?」みたいな。

剛力:あんまりないかな。連ドラとかだと、「多分この役、キャラクターだとこういう言葉遣いはしない」みたいなものは、撮影を重ねていくごとに出てきたりしますけど。

基本的にはやっぱり最初にできあがったもの、脚本家さんの書いたものと監督さんの思いというものを表現したいっていうのがいつも思っていることかな。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

1月19日(火)s**t kingz(Oguriさん・Shojiさん)×C&K(CLIEVYさん・KEENさん)
1月20日(水)深川麻衣さん×小見山峻さん(写真家)
1月21日(木)紗倉まなさん×田中慎弥さん(作家)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!
<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/