米倉涼子、FENDI初のアンバサダーに就任「びっくりしたと同時にとてもうれしく」

女優の米倉涼子が19日(火)、都内で行われた「FENDI ジャパンブランドアンバサダー就任記者会見」に出席した。

【写真】真っ白なドレスに思わず惚れ惚れ、ますます美しさを増した米倉涼子【11点】

このほど米倉は、フェンディ・ジャパン株式会社の創業以来初となるジャパンブランドアンバサダーに就任。真っ白なFENDIの最新コレクションを着用して会見の場に登場すると「FENDIは私が若かりし頃から大好きなブランドでしたので、びっくりしたと同時にとてもうれしく思いました」と目を輝かせた。

衣装のこだわりを聞かれると「今日は春夏のトレンドの白を選ばせていただきました」と回答。続けて「かっちりとした、シックで格好良いイメージがありながらも女性らしいラインに魅力を感じました」と笑みを浮かべた。

FENDIとの出会いについては「ちょうど成人する直前くらいからモデルを始めておりましたので、その時にFENDIに出会うことができました」と回顧。「大人すぎないデザインもあって、かわいらしいファーとか、色んな方に使えそうなデザインがあって。ロゴの形も好きです」と魅力を語った。

コロナ禍での近況に関しては「生活の形とかはほとんど変わらないんですけれども、どうやって時間を有効に使うのか見直すようになったかと思います」とコメント。2020年と2021年を漢字一文字で表すと、という質問には「『祈』っていう言葉ですかね。思った通りの生活ができるように、世界中に対してお祈りをするという言葉にします」と答えた。

会見終了間際には、17時の防災行政無線チャイムとして外で流れていた「夕焼け小焼け」のメロディーが、換気のために開け放たれた窓から室内に流れ込むハプニングも。思わず吹き出した米倉が「日が長くなってきましたね」とつぶやき、会場は和やかなムードに包まれた。

【あわせて読む】堀北真希の妹で話題・NANAMIインタビュー「初写真集は素の表情がたくさん詰まった1冊」