廃棄間近の2000kgのイチゴを「楽天ふるさと納税」で支援 緊急事態宣言でイチゴ狩りが相次いでキャンセル

楽天はふるさと納税サイト「楽天ふるさと納税」では、山梨県笛吹市と協力し、廃棄リスクに直面しているイチゴを支援する。

緊急事態宣言の再発令により、山梨県笛吹市のイチゴ農家ではイチゴ狩りの予約が約9割以上キャンセルになったという。シーズン中に緊急事態宣言が発令されたことで、2000㌔㌘のイチゴが廃棄リスクに直面している。

イチゴ農家は、動画を通し「毎年、大型観光バスが来るところを95%がキャンセルになっている。例年であれば約1万5000人のお客さまに来ていただいたところ、今年はそれができず、なんとかしたい」と窮状を訴えている。

「楽天ふるさと納税」と山梨県笛吹市は、ふるさと納税の返礼品として〝紅ほっぺ〟〝よつぼし〟〝かおり野〟ブランドなどのイチゴの提供を開始した。「楽天市場」の多くのユーザーにふるさと納税として行き場を失った商品を支援できることをアピールし、少しでも廃棄になるイチゴを減らせるように尽力している。


「楽天ふるさと納税」内の山梨県笛吹市の返礼品(イチゴ)
https://item.rakuten.co.jp/f192112-fuefuki/c/0000000113/ 

イチゴ農家のインタビュー動画
https://event.rakuten.co.jp/furusato/notice/corona_virus/