オルビス、未来の肌状況を予測、今必要なお手入れ方法を提案 スキンケアチェック「AI 未来肌シミュレーション」開始

オルビスは現在の肌状態やお手入れの習慣から未来の自分の顔立ちを予測し、必要なお手入れ方法を提案する「AI未来肌シミュレーション」を2020年12月15日から開始している。現在「ORBIS アプリ」内および全国のオルビスショップ4店舗(※)で展開しており、順次実施店舗を拡大していく。

「AI未来肌シミュレーション」は、現在の肌状態と生活習慣の状況、顔画像解析結果をもとに、AIが5年後、10年後、20年後の顔立ちを予測する。現在の肌状態を10項目の肌スコアから詳細に説明し、将来の顔に現れる年齢サインを通して、現状本当に必要なお手入れ方法、生活習慣の見直しをアドバイスする。

アプリ版は、顧客の肌状態をイラストで説明し、より詳細に説明することで、誰でも自身の肌状態やお手入れ方法などのアドバイスを閲覧できる。ショップでは、オルビス独自の専用スキンチェック機器を用いて現状の肌状態を分析し、その分析結果を用いて「AI未来肌シミュレーション」を実施する。


AI未来肌シミュレーション アプリ版

「ORBIS アプリ」では2019年4月、プロのパーソナルカラー診断がスマホでできる「パーソナル AI メイクアドバイザー」のサービスを開始。2020年12月末時点で累計実施件数は230万件を突破している。2020年9月には、AI分析で似合う眉の形とお手入れ方法を提案するサービス「AI アイブローシミュレーター」も開始しており、サービス開始2カ月間で累計実施件数は25万件を突破した。

オルビスは今後も、テクノロジーを活用した高い体験価値をもとに、提供価値の「スマートエイジング」(自分らしく美しい肌年齢を重ねていくこと)の実現に向け、さまざまな取り組みを行っていくとしている。


※コロナウイルスの感染状況次第で実施が流動的。実施の有無は店舗へ問い合わせを