グラビアアイドルの桜田愛音(さくらだ あのん)がこのほど、東京・秋葉原の書泉ブックタワーで最新イメージDVD『夏の音色にゆられて』(発売中 4,180円税込 販売元:イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを行った。

DVD『夏の音色にゆられて』の発売記念イベントを行ったグラビアアイドルの桜田愛音

DVD『夏の音色にゆられて』の発売記念イベントを行ったグラビアアイドルの桜田愛音

ネクストブレイク必至との呼び声も高い桜田愛音は、158cmの身長に上からB88・W55・H88という究極の凹凸ボディーにバストはGカップと非の打ち所がないボディーを併せ持つグラビアアイドル。年齢も19歳と若く、今後の活躍に期待が高まるグラドルの一人だ。その彼女が通算3枚目となるグラビアDVDを発表。沖縄の自然をバックに、ボディーをたっぷりと見せつけている。

この日のイベントのために新調したというブルーの水着姿で報道陣の取材に応じた桜田は「今回は女子高生役で幼なじみの男の子と恋愛を繰り広げるストーリーとなっています。制服のシーンもあるので高校生感が出ているんじゃないかと思います」とDVDの内容を紹介。「全体的に明るめの撮影が多かったんですが、廃墟っぽい場所で着た白い水着のシーンでは暗い印象もあってものすごく幻想的なシーンになっています。それと競泳水着のシーンはクビレが際立っていて感動しました。スタイルが一番分かるシーンです」とアピールし、「ベッドのシーンがあるんですけど、セクシーな自分が写っています。そのシーンではニットの衣装を脱いでいき、最終的には水着になるんですが、やっていて恥ずかしかったですね」と頬を赤らめた。

ロケではテニスのシーンも撮影したが、残念ながら収録はされていないという。「毎回DVDで運動のシーンがあるんですけど、ファンの方から『あのシーンおかしい』と言われています。今回はテニスをしたんですが、ボールを打とうと思ったらボールが顔にぶつかっちゃいました(笑)」とどうやら運動音痴のようで、「学生の頃は吹奏楽で運動部に入ったことはありません。身体を動かすのも体育の時間に先生から『走れ!』と言われて走るぐらいでしたね。得意な運動を見つけられたらいいなと思うんですけど」とスポーツに興味も。今後やってみたいスポーツを問うと「お父さんが野球が好きなのでバッティング!知ってる選手もいなくて野球に詳しくはありませんが、野球ならできる気がして。バッティングセンターに行ってみたいです!」と話していた。