【2021年 年頭所感】日本通信販売協会 粟野光章会長「健全な成長と競争目指す」

新年明けましておめでとうございます。
 
近年の通信やデジタル技術の進化、SNSの普及などにより、私たちの生活は大きく様変わりしてきました。そしてその変化は、昨年のコロナ禍を契機に想定をはるかに凌ぐスピードで進行しています。
 
小売業においては、お客さまの店舗離れが進む一方でECを含む通信販売チャネルは、各社がそれぞれの特徴を生かし、お客さまの日常生活に深く関わりながら、確実にその存在感を増してきました。
 
通信販売を利用されるお客さまのニーズは、自宅での購買による時間節約を求める方、簡単に値段や機能性を比較し購買したい方、地方にお住まいの買い物弱者の方、さらには所有することに価値を置かないサブスクリプション方式を好まれる方、などさまざまです。
 
一方、事業者が提供する媒体、コンテンツ、商品、受注方法、サービスも多岐にわたり、その組み合わせも多種多様です。
 
お客さまは都度、この組み合わせから最適なもの選択され、賢く使い分けていらっしゃいます。今後この傾向がますます強まることは確実です。
 
これからの小売業は、実店舗や通信販売(EC、TV、カタログなど)の垣根なく、それぞれが得意とする分野に磨きをかけ、お客さまに最適な商品を最善の購買方法で提供することが業界の底上げにつながるものと考えます。
 
協会は、通信販売の健全な成長と競争がされるよう積極的に内外に向け働き掛けを行っていきます。2021年度は、特に消費者保護の観点からの企業倫理醸成、企業活動と消費者保護のバランスが取れた法律の整備に向けた国政への働き掛けなどに力を傾注してまいります。また、SDGsにつながるロジスティックに関わる各課題にも、業界の枠を超えて取り組んでいかなくてはなりません。
 
コロナ後の社会においては、通信販売の果たすべき役割はますます大きくなっていきます。通信販売は社会インフラの一つという自覚を持ち、協会としての役割を果たしてまいりたいと考えております。