【サイズが絶妙!】キャデラック初のコンパクトSUV「XT4」、ついに日本上陸!



ゼネラルモーターズ・ジャパンは2021年1月15日、ラグジュアリーブランドであるキャデラックに初のコンパクトSUV「XT4」を加えると発表した。販売は翌日の1月16日より開始し、デリバリーは同年2月を予定している。価格は570万円から。

XT4

この2年間、SUVを立て続けにリリースしてきたキャデラックが、ついにラインアップ最後の車種であるXT4を日本に導入した。キャデラックではコンパクトSUVだが、国産で大きさが近いのは、トヨタのRAV4やマツダ CX-5など。日本ではそんなにコンパクトではないが、ちょうどいいサイズでもある。このくらいのサイズのキャデラックを待っていた人も多いはずだ。

【画像ギャラリー】キャデラック XT4 全画像(11点)


彫刻的で独創的なボディのラインは、スポーティで力強い存在感を表現しただけではなく、じつは空力特性にも優れているデザインでもあるようだ。ほかのキャデラックのモデルと同様、少々角ばったフォルムと縦型に伸びたフロントのデイライト&リヤテールランプによって、ひと目でキャデラックだと認識できるデザインに仕上がっている。

XT4

室内はクラストップレベルの後席足元空間を実現。637Lの大容量ラゲッジルーム(最大1385Lまで拡大)も確保され、使い勝手もよさそうだ。もちろんキャデラックならではの高級感はインテリアデザインに生かされているが、外観のイメージを崩さないスポーティな印象も兼ね備えているのが、このXT4の特徴だ。

XT4

パワーユニットには、力強さと高効率を兼ね備えた新設計の2L4気筒ターボエンジンを採用。これに9速ATが組み合わされ、リッター100馬力以上の230馬力/350Nmを発生する。4WDシステムには、後輪への駆動力をカットすることもできるツインクラッチ式を搭載。駆動力がフリクションとなってしまう際もカットができ、燃費性能にも貢献している。

XT4

先進安全デバイスのADAS系も、キャデラックが提供できる20以上の装備をすべて搭載し、これらを標準装備としたことも嬉しいポイントだ。

XT4のグレードは、スポーツ系は1種類、ラグジュアリー系が2種類の合計3グレードが用意され、これらはすべて4WD仕様。エンジンも全グレード共通なので購入時には、ラグジュアリー系かスポーティ系かを好みで選ぶだけだ。

XT4

ほかのどのブランドにもない、キャデラックらしさが魅力的なコンパクトSUVであるXT4。日本でも人気のプレミアムSUV市場に、また頭を悩ましてしまう存在が増えてしまったようだ。




■XT4 スポーツ (4WD・9速AT) 
主要諸元
【寸法・重量】
全長:4605㎜ 
全幅:1875㎜ 
全高:1625㎜ 
ホイールベース:2935㎜ 
車両重量:1760㎏ 
乗車定員:5人 

【エンジン・性能】
型式:LSY
種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1997cc
ボア×ストローク:83.0mm×92.3mm
最高出力:169kW(230ps)/5000rpm 
最大トルク:350Nm(35.6kgm)/1500~4000rpm
使用燃料・タンク容量:プレミアム・61L

【諸装置】
サスペンション:前ストラット/後マルチリンク 
ブレーキ:前後ディスク 
タイヤ:前後245/45R20 

【価格】
640万円(消費税率10%込み)



GMジャパン・カスタマーセンター
0120-711-276
www.cadillacjapan.com/