中国と日本のハーフ美女、predia・あのんが日本レースクイーン大賞にて三冠を獲得

日本レースクイーン大賞のグランプリを発表する表彰式が15日(金)に開催され、プラチナム・プロダクション所属のあのんが、日本レースクイーン大賞新人部門グランプリ、週刊プレイボーイ賞、テレビ東京賞の三冠を獲得した。

【写真】スタイルも抜群、あのんの全身カット

スーパーGTに初登場したレースクイーンを対象とし、ファン投票で人気No.1レースクイーンを決定する日本レースクイーン大賞。11年目の開催となった2020年度は日本レースクイーン大賞の選出を見送り、部門賞にあたる新人部門とコスチューム部門のみを実施した。

あのんは、大阪府出身、中国と日本のハーフで中国語と関西弁と標準語を使い分ける三刀流。レースクイーンとして活動する他、日本一セクシーな大人アイドル「predia」のメンバーでもあり、レースクイーンとアイドルとしての活動を両立する中での受賞となった。

受賞直後のあのんは「長いようで非常に短い2か月間でした。この2か月間たくさんの方の応援をより肌で感じることができました。ファン皆さん、関係者の方々、ありがとうございました!!今後も沢山の方に、知っていただけるよう幅広く活動していきたいです」とコメントした。

【あわせて読む】所属事務所社長が語る、えなことの出会い「契約書を確認せずに判子を押そうとして…」