首掛けストラップ一体型マスク「かけマス」 『ありそうでなかった』を商品化、ネットで販売

高分子素材のリーディングカンパニーであるイノアックコーポレーションは1月15日、ポリウレタンとファブリックを貼り合わせた首掛けストラップ一体型マスク「かけマス(特許出願中)」を発売する。外したマスクを首から下げられるため、水分補給や通話をする際に、わざわざマスクケースやポケットに収納する手間を省くことができる。『ありそうでなかった』を商品化したアイデア商品だ。

【「かけマス」のカラー展開や使用方法の詳細はこちら】

「かけマス」最大の特徴は、首から下げられるストラップがマスクと一体となっている点。別売りされているマスク用ストラップが必要ないので、経済的メリットだけでなく、取り付けや付け替えの煩わしさからも解消される。

「かけマス」を開発する上で懸念されたのは耐久性だったという。ポリウレタンだけではストラップ部分の耐久性に問題があったが、ポリウレタンに布地を貼り合わせることマスク全体の強度をアップし、複数回使用できる品質と耐久性を担保した。

「かけマス」は国内工場で最新機材を使用し、一つ一つ丁寧に生産している。使用しているポリウレタンはイノアックの国内工場で発泡されたポリウレタンで、「パッチテスト」「ホルムアルデヒド」の試験も実施し、公的機関で証明された高い安全性も特長。手洗いすることで、複数回の使用が可能。

「かけマス」はグレー、パープル、ベージュの3色展開。サイズもS、M、Lの3サイズを用意した。マスク2枚(同サイズ)で価格は1000円(税別)。2021年1月15日(金)午後12時より「イノアックネットショップ」、「イノアックリビング楽天市場店」で販売を開始する。


「イノアックネットショップ」
http://af-inoac.jp/

「イノアックリビング楽天市場店」
http://www.rakuten.ne.jp/gold/colorfoam/