Cake.jp、加盟店が700店舗に コロナでEC需要伸長

宅配ケーキのプラットフォームを運営するCake.jpは2020年12月24日、加盟店数が700店舗になったと発表した。
 
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、自宅でケーキを食べる人が増加。ネット通販需要が伸長し、出店増加の主な要因としている。
 
2020年11月度のサイト内の流通金額は前年同月比2倍となった。クリスマスケーキの予約件数は約3倍で推移した。
 
同社は、「今後も、顧客のニーズを考え、より多くのお客さまの笑顔を創出していく」としている。