ちびまる子ちゃんがねんどろいどになった! 1月15日予約開始

アニメ『ちびまる子ちゃん』の主人公まる子が、グッドスマイルカンパニーのアクションフィギュア「ねんどろいど」になって発売される。

『ちびまる子ちゃん』は、静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子(さくら ももこ)と、家族や友だちとの日常を、楽しく面白く、時に切なく描いた心温まる作品。
1986年に『りぼん』(集英社)で連載を開始し、原作コミックスは全17巻が発売中。発行部数は累計3250万部を突破(デジタル版を含む)、海外版は台湾・中国・タイ・マレーシア・韓国でも出版された。1990年からはテレビアニメ放送もスタートし、フジテレビ系列で毎週日曜日夕方6時より放送中。中国、台湾、香港、インドネシアなど海外でも放送され、世界中の老若男女を魅了し、長きに亘り愛され続けている。

「ねんどろいど ちびまる子ちゃん」は、まる子の表情を再現するために、「通常顔」「キラキラ顔」「いけずぅ顔」「ガーン顔」の4種の交換用表情パーツが付属。様々な表情の「まる子」を楽しめる。
さらにオプションパーツには、まる子の代表的なセリフ「うう~ん、いけずぅ」や印象的なナレーション「後半へ続く」の「プレート」のほか、アニメのOP・EDでお馴染みの「うさぎ」や「ねこ」も付属する。
中台紙の背景といっしょに飾ることでドキドキワクワクな ”ちびまる子ちゃんワールド” が再現可能になっている。

「ねんどろいど ちびまる子ちゃん」は2021年8月発売予定。2021年1月15日より予約受け付けが開始される。

>>>「ねんどろいど ちびまる子ちゃん」の画像を全部見る

(C)さくらプロダクション / 日本アニメーション