「もし本当に僕のことだったら、グローブをあげますよ」瑛人の新曲に元メジャーリーガーが反応!?
ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」。1月9日(土)の放送は、ゲストにシンガーソングライターの瑛人さんが登場。大ヒット曲「香水」の制作秘話、さらにはファーストアルバム『すっからかん』について話をしてくれました。


(左から)安田レイ、瑛人さん、ジョージ・ウィリアムズ



◆去年のいま頃は、まだバイト生活
――昨年末、この番組にコメントをくれて「まるっきり変わった1年で、気持ちの整理がついていない」とおっしゃっていましたが、新年になってどうですか?

瑛人:新年になって、昨年にいろいろあったことがスッキリしちゃいました。

――それはよかった。昨年はいろいろなテレビ番組にも出演して、休みがまったくなかったんじゃないですか?

瑛人:昨年の12月は、もうほぼ(休みは)ない感じでした。でも、すごい経験をたくさんできたので感謝です。

――去年のいま頃はまだバイトしていたんですよね。

瑛人:全然していましたね。去年のゴールデンウィークまで。

――そして「香水」が年間チャート7位に! 「香水」が世の中に広がったなって感じたのはいつ頃だったんですか?

瑛人:去年のゴールデンウィークあたりですね。いろいろとお呼びいただけるようになって、「バイトを休んでもいいですか?」って(バイト先に)言ったら「いいよ、休め。いまは頑張れ!」って言われて送り出してもらってから、いまに至ります。

――バイトを辞める前にジワジワときて、街やラジオで自分の曲を聴いたと思うんですけど、どんな気持ちでした?

瑛人:素直にうれしいです。でも、ちょっと恥ずかしいときもありますね。

◆大ヒット曲「香水」誕生秘話
――「香水」ができたときに「いい曲ができた!」という手応えはありました?

瑛人:まったく思わなかったですね(苦笑)。というより、面白いのができたなって感じで(笑)。“ド~ルチェア~ンドガッバーナ~♪”って面白いと思って。“みんなどう反応するんだろう?”って気持ちがありました。

――そのフレーズはどうやってできたんですか?
瑛人:これは本当にフリースタイルで、適当に歌を歌っていたんですよ。そのセッション中に“君のドルチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ♪”って歌詞ができて。「ストップ、ストップ! ガッバーナってなに?」みたいになって(笑)。それで「面白い、曲にしよう!」っていうことで、「香水」という曲を作り始めました。

――フリースタイルだったんですね!

瑛人:そうです。フリースタイルでインスピレーションをもらって、そこから家に帰って作りました。

◆印象に残っているカバーは?
――この曲は、いろいろな方にカバーされましたけど、どうしてだと思いますか?

瑛人:たぶんですね……“ガッバーナ~♪”もあるし、あとは弾き語り。しかも難しくないんですよ。だから、みんなやりやすかったのかなって。

――ビックリしたカバーはありました?

瑛人:最初に驚いたのは、やっぱりチョコレートプラネットさんですかね。

――どこに惹かれたんですか?

瑛人:(松尾駿さん扮する)IKKOさんのIKKOポーズみたいなのを最後にしていたんです(笑)。チョコレートプラネットさん(のカバー)を観て瑛人に流れてくる人がけっこう多くて、それも大感謝です(笑)。

――いまはShenさん(Def Tech)がカバーした英語バージョンもありますよね。これがまたすごくカッコイイですよね。

瑛人:めっちゃカッコイイ! あれはおすすめです。(SHENさんの)スタジオに遊びに行かせてもらって、曲も一緒にセッションしました。

◆初アルバムで“すっからかん”になるも…
――1月1日(金・祝)にファーストアルバム『すっからかん』をリリースしました。インパクトのあるタイトルですけど、どうしてこのタイトルにされたのですか?

瑛人:アルバムの曲を全部揃えてから最後に決めたんですけど、気づいたら全部作った後に“スッキリした”“全部出した~”ってなったので、“いまの僕はすっからかんだ!”ということでつけました。

――「香水」が大ヒットし、アルバム制作にあたってプレッシャーはありました?

瑛人:なかったです。当初、僕がそれまでに作った曲は(アルバムに収録するのを)「また今度にしよう」って話にもなったんですよ。曲の長さや聴きやすさとかの関係で。でも僕は、やっぱりファーストアルバムだし1番大事にしたいから「すみません。いま自分が持っているものをみんなに出したいんです」と言ってアルバムに入れてもらって。音楽的な良し悪しは僕にはわかりませんが、自分のなかの“すっからかん度”的に言うと、すごく満足しています。

――自分のファーストアルバムだから、やりたいようにやらせてもらったと。

瑛人:そうですね。みんなやさしくて「瑛人がそう言うなら、それに勝るものはないね」って言ってくれたんですよ。感謝でいっぱいですね。

◆瑛人の新曲に元メジャーリーガーが反応!
――レコーディングで特に印象に残っていることは?

瑛人:「ハッピーになれよ」って曲があるんですけど、これは小学4年生のときにインスピレーションが生まれて、(そのときの僕と)いまの僕とでコラボして作ったみたいな曲なんですね。それでレコーディング中は、いつもだったらいまの瑛人で歌うんですけど、この曲を歌っているときは小学4年生に戻った感じで。

当時、野球を習っていたので、大きいエナメルバッグとヘルメットを被って野球に向かっている途中のような、ワクワクしている気持ちで歌いました。だからすごく楽しかったです。

――野球の話といえば、先日、元メジャーリーガーの上原浩治さんとTwitterでやりとりされていましたよね?

瑛人:僕が最初にお母ちゃんに買ってもらったグローブが上原さんのモデルで、それをこの曲の2番の歌詞に入れたんです。そして、それをテレビ番組で歌わせてもらったら、上原浩治さんが気づいてくれて。「もしこれが本当に僕のことだったら、黄色のグローブをあげますよ」って言ってくれて。もう最高です!

――上原さんからグローブはもらった?

瑛人:まだですね。でも、どうせだったらお会い……いまはちょっと難しいかもしれないですが。兄貴が2人いるんですけど、「(そのグローブを)俺にくれ!」って言われていて(笑)。「ダメだよ!」って。

<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜 13:00~13:55
パーソナリティ:ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/