ジャガー・ランドローバ―の新たな「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」とは?

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、新型ディフェンダーのカスタマーを対象とした新ファイナンス・プログラム「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」を2021年1月14日(木)から3月31日(水)までの期間限定で、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて導入することを発表した。

ランドローバーが誇るアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新した新型ディフェンダーは、2019年11月に発表した先行予約モデル「DEFENDER LAUNCH EDITION」限定150台がわずか4日で完売し、その後、先行予約モデル第2弾「DEFENDER STARTUP EDITION」を投入し、さらに2020年4月より本格受注を開始しているが、受注の勢いは止まらず販売台数を順調に伸ばしている。こうした状況により納車までの時間を要する場合があることから、今回のファイナンス・プログラムを企画したとのこと。

新型ディフェンダーが納車されるまでの期間は1台目として対象モデル(「RANGE ROVER EVOQUE」もしくは「DISCOVERY SPORT」)に、そしてその後は、新型「DEFENDER」へと2台乗り継ぐことができるというプラン。

1台目購入の際は、頭金と、車両価格(オプション含む)の1%相当の月額費用が必要になるが、最短で8か月目から2台目として新型ディフェンダーへの乗り換えができる。その際1台目の頭金は引き継がれ、車両の下取り価格を保証しているため、初期費用および維持費の負担を軽減しながら、ランドローバーの卓越したドライビング・エクスペリエンスを連続して体感していただける。


※ローン形態や期間などの詳細については、特設サイトへ。
https://www.landrover.co.jp/vehicles/defender/special-site/index.html