ギフトパッド、総額2.68億円の資金調達 イノベーションファンド25などから

ギフトパッドは1月13日、関西イノベーションネットワーク投資事業有限責任組合(イノベーションファンド 25)などを引受先とした第三者割当増資により、2億6800万円の資金調達を実施した。デジタルプラットフォーム開発体制の強化を図る。

ギフトパッドは、ソーシャルギフトとカタログギフトを掛け合わせた新しいプラットフォーム事業を展開。商品を提供する生産者、ギフトの贈り手、受け取り手のそれぞれが「三方よし」となる新しいマーケットを提供することにより、感動と感謝を伝えることを目指している。



今回の調達資金は、デジタルプラットフォームの開発体制の強化を基軸として充当することに加え、これまで培ってきたソリューション営業のノウハウにより、デジタルプラットフォームの新たな価値を創造するとしている。また、かねてより進めいる地域経済の活性化に向けた地方創生事業の取り組みについても、今般の開発体制の強化により一層のサービス拡充を目指していく考えを示した。

増資の引き受け先は、関西イノベーションネットワーク投資事業有限責任組合、しこく創生投資事業有限責任組合、せとうち観光活性化投資事業有限責任組合、ちゅうぎんインフィニティファンド1号投資事業有限責任組合、ナントCVC2号投資事業有限責任組合、みなと成長企業みらいファンド2号投資事業有限責任組合。