岡田結実が主演を務める木曜ドラマF『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)第2話が、1月14日に放送される。

江戸時代からタイムスリップしてきた花魁・仙夏(せんか/岡田)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディ。さらに、仙夏と恋の四角関係を展開するキャストに葉山奨之、吉谷彩子、前田公輝と3人の若手俳優陣、そして仙夏が東京で居候する事になる家の家主として田中直樹(ココリコ)が出演。登場人物が全員ちょっぴり不器用で、見ている人をじれったくさせるような淡い恋物語を繰り広げる。

前回の第1話では、前田演じる令和のパワハラ上司・直樹と、優しい江戸時代の“直さん”の演じ分けに「鳥居社長と直さんのギャップ……よき……」「にこにこキューティ江戸直さんとクールビューティ令和直さんが頭から離れねぇ。粋キュンしすぎて寝れないよぉ」「公輝くん目当てで見始めたけどお話めちゃくちゃ面白いです!」との声があった。

<第2話あらすじ>
仙夏(岡田)は、泉美(吉谷)の会社の社長・鳥居(前田)が江戸での思い人だった直次郎に違いないと思い興奮を隠せない。直次郎と瓜二つな鳥居を見て、「私はもう一度、直次郎さんと巡り合うためにこっちに来たんだよ」と熱く語る仙夏に蔵地(葉山)は、名前も違うし人違いだろうと取り合わない。一方、寿乃(山口まゆ)は、仙夏と一緒に直次郎が現代に来ていてもおかしくないと言う。

仙夏は、鳥居として生きている直次郎に自分を思い出してもらうにはどうしたらいいのかと考える。泉美から、鳥居が新しい秘書を募集していることを聞いた仙夏は、鳥居に近付くために、採用試験を受けることに。ところが、どうせ面接で落とされるだろう、という蔵地の予想を裏切り、なぜか仙夏の採用が決まってしまう。

鳥居の秘書になった仙夏は仕事を教わるものの、コピー機を使うことさえできない。それでも鳥居は、仙夏をそばに置くと部下の秋山(雨野宮将明)に告げる。