popIn、Shopify利用者のネイティブアド出稿を容易に ハックルベリーとの連携で実現

ネイティブアドネットワーク「popIn Discovery」を運営するpopInは1月13日、「Shopify」のサイトおよびアプリ構築を展開するハックルベリーと連携し、ハックルベリーが提供するShopifyアプリの管理画面から「popIn Discovery」への広告出稿が可能になったと発表した。専任担当者による初期設定や広告運用のサポートを行い、「Shopify」を利用するEC事業者の広告出稿および運用を支援する。

「popIn Discovery」は、広告を「あなたにオススメの記事」としてレコメンドするネイティブアドネットワーク。今回の連携によりハックルベリーは、アプリ内の管理画面から「popIn Discovery」への広告出稿が可能なECサイト向け集客Shopifyアプリ「ネイティブアド広告連携」の提供を開始した。さらにpopInは、Shopify利用のEC事業者に対し、専任担当者が初期設定や広告運用サポートを行うことで、出稿時にかかる時間や手間を大幅に削減できるとしている。これにより広告出稿および運用が低リスクで実現可能になるとし、広告運用未経験のEC事業者も安心して利用できるとしている。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大により長引く自粛生活に伴い、2020年3月以前と比べ、総合ECサイトの利用者は増加しており、ECサイトへの出店は企業の販売経路のひとつとしてより重要視されている。一方で、「出店後の集客」について課題を抱えるEC事業は多く、日本製のECアプリには集客に対する十分な機能が備わっていないという現状があるという。

ハックルベリーは、「Shopify」でECサイトを運営するマーチャント(店舗)の運営効率改善と、売上拡大を支援に向けた開発を強みとしており、今回「popIn Discovery」へ広告出稿ができる機能をShopifyアプリに搭載することで、アプリ内からの広告出稿を可能にした。さらにpopInは、専任担当者のサポートにより、専門的な知識や広告運用スキルがなくても運営するECサイトへ集客が可能になるとしている。