★12星座別2021年の運勢★ルーン占い~蠍座(さそり座)の運勢~ルーンからのお告げ
ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする「星とルーンで見る12星座別占い・2021年の運勢~蠍座(さそり座)~」。星座ごとの2021年の運勢と、北欧の神々が用いた魔法の古代文字「ルーンからのお告げ」による、1年を健やかに過ごすヒントをお届けします。ルーン占いによる2021年のあなたの運勢は……?


◆2021年はどんな年になる?

2021年は幸運の星・木星や、忍耐力や持続力を司る土星が、共にみずがめ座に歩み進めます。

2020年12月22日に起こった、この2つの惑星の「グレートコンジャンクション」という天体イベントを皮切りに、時代の流れも大きく変化。“柔軟性”“多様性”が求められる年になっていきそうです。これまで以上に個人としてのあり方や個性なども重視されていくはずです。

そして、木星は5月14日から一足先に、うお座に入ります。7月28日に逆行し、みずがめ座に戻ってくるまでの約3ヵ月間は、2022年のうお座の幸運期のお試し期間になりそうです。

社会情勢を星で読んでみると、2021年の春分図からは明るい兆しが感じられます。引き続き感染症拡大の予防をしながら、“withコロナ”で楽しめることを見つける時代になっていきそうです。ただし、災害などにも引き続き注意したい星の配置ですので、さまざまな場面で“予防”“対策”がカギとなるでしょう。

個人レベルでは、リモートワークもさらに促進されていきそうです。家で過ごす環境や家族関係などの改善も課題になるかもしれません。仕事と休暇を両立するような“ワーケーション”という働き方も、より浸透していきそうですね。

それでは、星座ごとの2021年の運勢と、北欧の神々が用いた魔法の古代文字「ルーンからのお告げ」による、1年を健やかに過ごすヒントをお届けします。

【蠍座(さそり座)】
2021年のテーマは「基盤を固めること」。基盤とは、ときとして自分のホームベースとなる場所を指すこともあります。新しい家に引っ越す人や、新しい家族ができて、これまでと違ったホームを持つかもしれません。土星が示す“家族との距離感”という課題にも向き合う人もいるかもしれませんが、ここでしっかりと基礎を固めれば、その関係性を長く続けていけるはずです。

5月中旬~7月末までの期間は、運気は大幅に改善される予想。夏に向けて恋やレジャーを楽しめる時期になりそうです。夏の恋には胸が高鳴るはず。8月以降は相手との関係性を根付かせる努力をすると、長くその関係性が続いていきそうです。

<ルーンのお告げ>
2021年のさそり座さんへのルーンは、友情を示す「エオロー」。仲間や友達が幸運のカギを握りそうです。保護という意味もありますので、守りに入る方が良いこともあるでしょう。恋愛面では、グループ交際からの発展や、友人からの紹介で結婚に進むかもしれません。仕事面では、同僚との協力体制を強化することがうまくいく秘訣になりそうです。

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)
20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。LINE占いコンテンツ「石垣島の宿命師マリユドゥ」の監修も手掛ける。2019年に拠点を沖縄県へと移し、占星術と霊感タロットを組み合わせ、お客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。LINEトーク占いを中心に活動中。
占いコンテンツ:https://lin.ee/q3RdUaO/dtly
Webサイト:https://selene-uranai.com/