CHICAGO, ILLINOIS - AUGUST 06: Justin Smoak #12 of the Milwaukee Brewers hits a run scoring sacrifice fly against the Chicago White Sox at Guaranteed Rate Field on August 06, 2020 in Chicago, Illinois. (Photo by Jonathan Daniel/Getty Images)

背番号「10」は阿部慎之助以来

 読売ジャイアンツは7日、ジャスティン・スモーク内野手と来季の選手契約を結ぶことについて合意したと発表した。背番号は「10」を予定している。
 

 
 スモークは、米国サウスカロライナ州出身の34歳、左投両打の一塁手だ。2008年に米大リーグ(MLB)テキサス・レンジャーズにドラフト1巡目(全体11位)で入団。シアトル・マリナーズ、トロント・ブルージェイズなどでもプレーし、38本塁打を放った2017年には、オールスターにも選出された。2017~19年は3年連続で20本塁打以上をマークするなど、長打力が武器で、MLB通算196本の本塁打を記録している。
 
 MLB通算成績は、1286試合の出場で、打率.229、951安打、196本塁打、570打点、OPS.740(長打率.419+出塁率.322)となっている。
 
 スモークは球団を通じて、「ジャイアンツファンの皆さま、伝統あるチームでプレーできる素晴らしい機会を楽しみにしています。そして、日本一のジャイアンツのファンの前で、優勝に貢献できることを楽しみにしております。待っていてください!」とコメントしている。