アスクル、家具レンタルサービス開始 1都3県から、テレワーク需要を開拓

アスクルは2020年12月23日、事業所向け(BtoB)通販サービス「ASKUL」において、オフィス家具の月額制レンタルサービスを開始した。1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)向けに、オフィスチェア35商品から提供を開始している。テレワークの拡大によるオフィス家具需要の開拓を狙う。今後、対象エリアや商品ラインアップを拡大する予定。

家具レンタルサービスでは、月額料金の支払いのみで、有名オフィス家具メーカーの新品家具を手軽に導入できる。初期コストをかけずに必要な期間だけ従業員の自宅にオフィス家具を導入でき、業務環境の改善を実現するという。テレワーク中の従業員宅への個別配送にも対応している。レンタル期間中に使用しなくなった場合は、別の従業員宅やオフィスへの移設なども可能。


家具レンタルサービスの特徴

企業がサテライトオフィスや一時的なワークスペース開設の際にも手軽に導入できる。オフィスレイアウトの変更などによる一時的な使用や、シェアオフィスでの使用など、ごく少ない数量が必要な場合でも、1脚から利用可能だ。1年継続利用した商品は、返却または追加料金なしで譲受できる。


ASKUL「家具レンタルサービス」
https://www.askul.co.jp/f/services/furniture/rental.html