フォトスポットもゴキゲン!『おそ松さん〜ニートの生きざま展〜』

12月18日から東京の池袋サンシャインシティにて『おそ松さん』のイベント『おそ松さん〜ニートの生きざま展〜』が開催されている。
2016年開催の『おそ松EXPO』以来、約4年ぶりの大展示会となるこのイベントは、TVアニメ第1期~第3期、劇場版『えいがのおそ松さん』、舞台『おそ松さん on STAGE』、『へそくりウォーズ』ほかアプリゲームなど、『おそ松さん』のすべてが大集合した、過去最大規模の内容。
6つ子それぞれに焦点を当てた〈6つ子たちの生きざま〉や、500点を超えるアニメ本編の原画、6つ子の様々な姿が壁一面に展示された〈おきがえパラダイス〉、舞台やアプリの小物、イラスト展示などの見応えたっぷりの展示を順番に観ていくことができる。

>>>『おそ松さん〜ニートの生きざま展〜』会場の様子

〈6つ子たちの生きざま〉には6つ子たちにそれぞれ焦点をあてた6つの柱のほか、おそ松は ”なごみ探偵”、カラ松は ”カラ松タクシー” など、各キャラクターのベストシーンの原画が展示されている。
そのほか、第1期・第2期のOPや話題のシーンに加え、”実松” や ”じょし松” など、様々な ”松” の原画、さらには第3期第1話に登場した声優陣の原画など、早くも最新シリーズの素材も多数、紹介されている。ここは1枚、1枚じっくりとながめて、アニメーターの ”匠の線” をじっくりと堪能したい。
〈おきがえパラダイス〉には、さまざまな衣装を着た6つ子のイラストが壁一面にならべられており、何時間でも眺め続けていられそうだ。

アプリゲームのコーナーでは、『おそ松さんのへそくりウォーズ〜ニートの攻防〜』『おそ松さんのニートスゴロクぶらり旅』『にゅ〜パズ松さん 新品卒業計画』『おそ松さん よくばり!ニートアイランド』に登場するイラストと設定画がずらりと展示されている。
さらに『へそくりウォーズ』のゲーム画面の中に入り込んだような1枚が撮影可能なフォトスポットも登場。
ここはぜひとも、SNS映えバッチリの1枚を押さえたいところだ。
そしてSNS映えといえばカフェスポット〈ニートの喫茶店〉にも、SNS映え間違いなしのオリジナルフードやドリンクが用意されているので、ぜひ立ち寄りたい。
舞台『おそ松さん on STAGE』のコーナーでは、実際にステージ衣装が展示されているほか、舞台の背景データを元に再現された松野家の居間のセットも登場。舞台上で繰り広げられた6つ子の世界に、本当に入り込んだかような気持ちを体感できる。

そのほか、会場内に隠されたデカパンのパンツ型POPを探す〈デカパンを探せ!〉や、会場のところどころに設置された全13問のクイズに答える〈ニートの生きざまクイズ〉など、考えながら楽しめる体験型企画も用意されており、『おそ松さん』の軌跡と6つ子の ”生きざま” をたっぷり満喫できるこの展示イベント。東京会場=池袋サンシャインシティでは2020年12月27日(日)まで開催中だ。
また、2021年2月25日(木)〜3月8日(月)には大阪会場=あべのハルカス近鉄本店ウイング館4階第2催会場で開催される。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会