この記事ではEAIの基礎知識と、システム開発会社が提供するEAIツールについて解説します。さらに、EAIツールを選ぶときの選定ポイントも解説しています。EAIツール導入時の比較検討材料として役立つ内容になっています。

30秒で分かる「EAI」

EAIとは「Enterprise Application Integration」の略で、「企業アプリケーション統合」という意味のツールを指します。企業では勤怠管理、財務管理、業務管理など、異なるシステムを同時に使っています。

これらのシステムを統合できれば理想的ですが、目的に応じて異なる仕様になっていることがほとんどです。そのため、実際に統合することはとても高いハードルになります。

EAIは、そんなハードルの高いシステム統合を効率よく実現するためのツールです。システムごとに異なるデータの処理方法を変換・統合するための機能を備えています。EAIによって異なるシステムを連携させることで、既存システムを継続して利用しながらさらなる業務の効率化を図れるというメリットがあるのです。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

ETLとの違い

EAIと似た仕組みをもつものに、ETLがあります。共にデータ連携を行うツールです。では、EAIとETLで何が違うのでしょう。

EAIがシステム間の差異を吸収し、システムの連携及び統合が目的です。さまざまなデータを直接やりとりでき、かつリアルタイム同期といった高速な連携が可能です。

ETLはデータの抽出・変換処理を行うツールです。データをDB(DWH)に集約するのが目的です。集約されたデータは主にデータモデリングなどの分析に活用されます。システムと連携を行うのはデータベースであり、大量のデータを変換できますが、高速なデータ連携には向いていません。

EAIおよびETLは、ツールの目的およびデータの連携先に違いがあります。目的にあわせてツールを選択しましょう。

EAIのメリット3つ

1、複雑なデータ連携が可能

データ連携の仕組みを自分たちでつくるとなると大変です。プログラミングの知識が必要なうえ、連携するシステム双方の仕様を把握する必要があります。また、システムに仕様変更が発生すれば都度連携用のプログラムも変更しなければならず、運用の負荷もかかります。

EAIツールでは、複雑なプログラミングをすることなくデータ連携が可能であす。また、システムの仕様変更が発生しても、迅速に設定変更が行えるため、運用工数も低減できます。

2、データ連携の自動化によるミスの低減

EAIを使用せずにデータ連携する場合、手作業でデータの集計、加工を行わなければなりません。その場合には手作業で行うことによる、オペレーションミスのリスクは避けられません。また、重要なデータを扱うため、集計や加工にミスが発生すると、連携できない、データ不正が発生するといった、さまざまな影響が出てしまいます。

EAIツールによってデータ連携を自動化することで、手作業で発生するオペレーションミスのリスクを排除し、正確で信頼できるデータ連携が実現できます。

3、業務効率化およびコスト削減

EAIツールを利用すれば、それまでデータ連携を手作業でやっていた作業時間や、データ連携用のプログラム開発工数といったコストを大きく削減することができます。また、EAIツールの利用には特別なスキルは不要のため、技術者人件費の削減が可能です。

さらに、システムは1対1、1対多、多対多のシステム連携が可能になり、柔軟なシステム基盤により全体の業務効率化にもつながります。

EAI導入のデメリット2つ

1、ツールを導入するのにコストがかかる

EAIツールを導入するには、それなりのコストがかかります。ツールそのものに対するコストと、ツールを扱いなれるまでの時間が必要です。なお、EAIツールはオンプレミス型、クラウド型など提供形態によってかかる導入費用が異なります。導入時の費用であれば、クラウド型のほうがオンプレミス型に比べコストを抑えられます。

またEAIツールは非常に高機能である分、価格が高くなる傾向にあります。導入にあたり必要な機能を整理し、目的にあったEAIツールを選択することで、コストを抑えることも可能です。

2、大量データの処理には向かない

EAIツールは複数のシステムとの連携を目的としているため、高速なデータ連携には向きますが、大量データの連携には不向きです。一度に大量のデータ処理を行う場合は、EAIツールよりも、ETLツールのほうが向いています。

データ連携はリアルタイムに行う必要があるか、非同期で大量データの連携が必要か、導入前に目的を明確にすることで、ツール導入時の失敗も避けられます。

「EAI」における9製品を徹底比較!

システムの連携方式にメールの送受信を見立てた「NISMAIL」
NECソリューションイノベータ株式会社

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:オンプレミス/クラウド/パッケージソフト

NECソリューションイノベータ株式会社の「NISMAIL」は、メールを送受信するようにファイルを転送する方式を採用したEAIです。業務アプリケーション同士がデータをやり取りする際の送受信処理を「NISMAIL」が担うことで、業務アプリケーションは送信するデータの作成および受信したデータの処理に専念することができます。

「NISMAIL」の導入は、連携させたいシステムにインストールしてお互いを指定するだけで完了します。送受信データは「NISMAIL」のメールボックス内で一元管理されるので、アプリケーション側でのデータ上書きを気にする必要がありません。ネットワーク障害やサーバ停止が発生した場合は送信が成功するまでリトライを続けてくれるため、連携失敗のリスクを低減できる仕様となっています。


アイコンの選択で直感的に処理フローを設定できてプログラミング知識なしで使える「Qanat2.0」
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:オンプレミス/クラウド/パッケージソフト

JBアドバンスト・テクノロジー株式会社の「Qanat2.0」は、企業の内部・外部にあるデータ連携を、プログラミングの知識がなくても実行できるEAIです。データの出力側と入力側を、お互いにアイコンと線でつなぐだけで連携完了。EAIの開発にかかるコストを削減できます。

システム連携時のデータ変換処理も直感的に設定できます。変換方法や四則演算、文字列変更といった処理がアイコン化されているので、ユーザーは実行したい処理をクリックして選ぶだけ。もちろん、コードやスクリプトを書いて細かい処理フローを構築することも可能です。

スケジューリング機能も搭載しており、定期的に発生するタスクは自動化が可能です。データの連携と組み合わせれば、定型業務のさらなる効率化が図れます。


他ユーザーの事例を参考にできる「Boomi」
デル・テクノロジーズ株式会社

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:クラウド

デル・テクノロジーズ株式会社の「Boomi」は、ドラッグアンドドロップ操作のインターフェースによって直感的にシステムの連携が図れるEAIです。コネクタや統合プロセス、コンポーネントなどがライブラリされており、EAIの導入からシステムの連携まで短時間で行えるよう整備されています。

「Boomi」を導入して効果をあげている企業は10,000社以上とされており、Boomiユーザーによるコミュニティが形成されています。他ユーザーの事例を参考にすることで高度な使い方や運用モデルを学べるのは、Boomiならではの特徴です。

デル・テクノロジーズの公式サポートに加えて、他ユーザーの事例も参考にすれば、高いレベルで「Boomi」を運用できるようになるでしょう。「Boomi」はシステムのみならずユーザー同士も連携させる、ユニークなEAIなのです。


組織規模に応じたラインナップを揃えたノーコードEAI「ASTERIA Warp」
アステリア株式会社

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:オンプレミス/クラウド/SaaS

アステリア株式会社の「ASTERIA Warp」は、専門的な知識や技術がない人でも安心して使えるように設計されたEAIです。アイコンのドラッグ&ドロップ操作とプロパティの設定で各種システムを連携できる使いやすさから、8,500社以上の企業での導入された実績を持ちます。

「ASTERIA Warp」の特徴は、ソフトウェア開発者でなくてもシステム設計と開発ができるノーコード環境です。設計と開発にかかる期間を短縮できるうえ、完成したシステムは日々の業務を自動化できるため、導入と運用の両方でスピードアップが図れます。

「ASTERIA Warp」は中小企業向けに基本的な機能に絞ったCore、中堅企業向けに標準的な機能を網羅したStandard、大企業向けに大量のデータ連携機能までカバーしたEnterpriseなど、組織の規模に応じたラインナップに分かれています。


ASTERIA Warpの基本的な機能に絞った「ASTERIA Warp Core」
株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:オンプレミス/クラウド/SaaS
  • 参考価格:30,000円~/月

「ASTERIA Warp Core」は、アステリア株式会社のEAI「ASTERIA Warp」の基本的な機能だけに絞ったリーズナブルなグレードです。「ASTERIA Warp」はプログラミングの知識がなくても使えるよう設計されたノーコード環境ですが、「ASTERIA Warp Core」はより簡単に使えるよう、「ASTERIA Warp」の機能がシンプルにまとめられています。

「ASTERIA Warp Core」で使える機能は、ドラッグ&ドロップでシステムの連携を設計するフローデザイナー、ファイル連携とデータ変換、Web上で運用されるシステムを連携させるREST連携と、Excel簡易連携の5種類。月額30,000円〜のサブスクリプションサービスなので価格面におけるハードルが低いのも特徴で、まずは最低限の仕様でスモールスタートしたい、EAIを試しに導入してみたいというニーズに最適なサービスと言えます。


非エンジニアでも簡単にシステム同士を連携できる「Magic xpi Integration Platform」
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:オンプレミス/クラウド

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の「Magic xpi Integration Platform」 は、コーディングの知識がなくても使えるEAIです。システム間を連携させるためのアダプタ群が66種・500機能以上用意されており、ユーザーはアダプタを貼って、メソッド/プロパティを選び、項目同士の線を引くといった、3つの簡単なアクションでシステムを連携させることができます。

パソコンのOS操作のようにドラッグ&ドロップ操作でシステム連携を行えるので、各システムを制御するAPIや開発言語を扱う必要がありません。技術者でなくても簡単かつ短時間で連携が実現可能となっています。

もしアダプタが用意されていなくても、開発キット「コネクタビルダー」を使って独自にアダプタを開発することも可能です。


クラウド・オンプレミス問わずデータをつなぐ「DataSpider Servista」
株式会社セゾン情報システムズ

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:オンプレミス/クラウド/パッケージソフト
  • 参考価格:Basic 3,000,000円~、Advanced 5,500,000円~

「DataSpider Servista」は、豊富なアダプタをもち、オンプレミスからクラウドまで、あらゆるシステムのデータ連携を可能にするEAIツールです。

データ連携フローはGUIで作成可能。アイコンのドラッグ&ドロップで処理を定義できるため、特別な技術を必要としません

Javaで開発した場合約14,000ステップにおよぶプログラムも、DataSpider Servistaであればわずか13個のアイコンをつなぐだけで実現できます。このため、データ連携における開発コストを大幅に削減できます。


低価格で利用できるノンコーディングEAIクラウドサービス「PolarisGate」
日商エレクトロニクス株式会社

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:クラウド/SaaS
  • 参考価格:30,000円/月額~

「PolarisGate」は、低価格で利用できるEAIクラウドサービスです。豊富なアダプタとノンコーディングで利用できるというEAIの特長を備えたツールがクラウドサービスとして提供されており、低コストでEAIツールを導入できます。

コネクタは66種類500機能以上が用意されており、GUIによりノンコーディングでデータ連携が可能。業務システム、クラウドサービスの他、主要なERP、CRMといったパッケージにも接続できます。

連携はスケジューラで起動設定可能。インターバル処理やバッチ処理など、柔軟に実現できます。


クラウド間のデータ連携に特化「DataSpider Cloud」
株式会社セゾン情報システムズ

POINT
  • 対象従業員、売上規模:全てに対応
  • 提供形態:クラウド/SaaS
  • 参考価格:Basic 200,000円~/月額、Advanced 300,000円~/月額、サービス申込費用 600,000円

「DataSpider Cloud」は、パッケージソフト「DataSpider Servista」の特徴はそのまま、クラウド上で利用できるデータ連携サービスです。クラウド間のデータ連携を実現したいなら、こちらも利用できます。

DataSpider Servistaとは異なり、DataSpider Cloudはクラウドサービスであるため、ハードウェア、ソフトウェア面でのサーバ管理は不要です。また、クラウド系のアダプタを標準搭載しています。

また、初期費用を安く抑えることができる点も特徴です。「DataSpider Servista」との違いを確認し、自社にあったツールを選択しましょう。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

EAIの基本的な機能

EAI製品に共通する基本的な機能は、「異なる業務システムを繋ぎ、データを送受信して共有可能にする」ことです。連携によってシステムの使い勝手が上がり、業務の効率がよくなります。

またEAIはシステムを連携させる開発の工数を減らすというメリットもあります。EAIはドラッグ&ドロップなどで直感的に操作できるため、短時間でシステムを連携できるためです。さらにこの操作性は、プログラミングやコーディングの知識がない人でも使えるというメリットもあります。

その他、異なるシステム間でデータを送受信して共有できることで、システムごとに同じデータを重複して入力する手間を省けます。連携前と比べて入力の作業量を半分に減らせるため、業務の効率化につながります。

EAI製品選定のポイント4つ

1、プログラミングやコーディングの知識がなくても使えるか

本来、異なるシステムを連携させるには高度なプログラミングやコーディングの知識が必要です。EAIはそのハードルを低くするために、プログラミングやコーディングの知識がない人でも連携できるよう、ドラッグ&ドロップ操作やアイコンのクリック操作で使えるようになっています。

ただし、せっかくEAIを導入しても使えなければ意味がないので、プログラミングやコーディングの知識がない人でも使えるか、事前に試すと安全です。デモやトライアルが利用できるのであれば、試しに使ってみるといいでしょう。

2、使いやすいようにデータ変換してくれるか

EAIでシステムを連携させても、やり取りしたデータが希望通りに変換されていないと意味がありません。そのため、データ連携状況を常時監視できるEAIツールが望ましいです。

万が一正しく変換できていない場合、速やかに障害箇所を修正する必要があります。迅速な修正が可能かどうか、確認しておくといいでしょう。

3、コネクタやライブラリは充実しているか

コネクタはEAIでシステム同士を連携させるために、ライブラリは処理を行うためにあらかじめ用意されたプログラムです。コネクタやライブラリを活用すれば、EAIの開発工数を大きく削ることができます。

「自社で連携したいシステムが対応しているか」という点を確認しましょう。また、クラウドサービスとも連携したいのであれば、クラウドとの連携が可能か、という点も見ておく必要があります。

4、処理能力はじゅうぶんか

EAIツールによって、処理能力は異なります。リアルタイムによるデータ連携を行いたいのであれば、自社の連携データ量およびトランザクション量に対応できるじゅうぶんな処理能力があるか、確認しましょう。

また、バッチによるデータ連携を行うのであれば、想定時間内にデータ連携が完了できるか確認しておく必要があります。無料トライアルなどで性能評価ができるのであれば、導入前に試しておくことをおすすめします。

まとめ

業務システムを数多く導入している会社ほど、EAIの恩恵は大きくなります。業務のさらなる効率化のために、ぜひEAIの導入を検討してみましょう。下記ボタンより資料請求をして自社に最適なEAIを探してみてください。

※(参考価格は2021年8月4日時点、税別で記載)

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。