楽天と横須賀市、公道で自動配送ロボットの走行実験 スーパーからの商品配送サービスの実現目指す

楽天と横須賀市は12月14日、横須賀市内の馬堀海岸地域において、自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)による公道走行実証実験を開始する。自動配送ロボットによる、スーパーからの商品配送サービスの実現を目指す。

今回の実証実験では、横須賀市馬堀海岸地域の住宅地(約200m×約120mの範囲)において、低速・小型の自動配送ロボットを自動走行させ、公道を安全に自動走行できることを実証する。走行中は、同地域から約5km離れた「横須賀リサーチパーク」から、自動配送ロボットを遠隔監視する。

本取り組みは、同地域の「西友 馬堀店」から、近隣の住宅地への自動配送ロボットを活用した商品配送サービスの実現を目指すもので、2021年前半には実際に近隣の住民からの注文を受けて、「西友 馬堀店」の商品を届けるサービスの期間限定での提供を予定しているという。


公道を走るためにナンバープレートも設置

政府は、2020年12月1日に取りまとめた成長戦略の実行計画において、「公道走行実証の結果を踏まえて、遠隔で多数台の低速・小型の自動配送ロボットを用いたサービスが可能となるよう、来春を目途に制度の基本方針を決定し、2021年度のできるだけ早期に、関連法案の提出を行う」としており、楽天と横須賀市は今回の公道走行実証実験も今後の制度整備に貢献できるものと考えているとした。

楽天と横須賀市は、2019年、横須賀市が推進するスマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目指す「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環として、自動配送ロボットやドローンを活用した一般利用者向け配送サービスを期間限定で提供したほか、2020年11月に包括連携協定を締結し、自動配送ロボットやドローンによる無人配送を通じた地域課題の解決に向けて連携を深めている。両者は今後も、連携をさらに深化させ、テクノロジーを活用した地域課題の解決に取り組んでいく考えを示した。