中1でセックス・ピストルズ!? シンガーソングライター・中島卓偉の音楽遍歴に、MUCC・逹瑯も驚き
ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。11月28日(土)の放送では、シンガーソングライター・作曲家の中島卓偉さんが初登場! 音楽のルーツについて伺いました。


(左から)中島卓偉さん、逹瑯



NoGoD・団長さんやPsycho le Cému・DAISHIさんなど、ミュージシャンのファンがすごく多い中島さんですが、音楽に興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか。

逹瑯:いつ頃から“シンガーになる”と意識し始めたんですか?

卓偉:決め手はやっぱり、中学校のときにバンドを組んで、13歳のときにセックス・ピストルズとかザ・クラッシュとか(を聴いて)。

逹瑯:13歳で!? 中1?

卓偉:はい、中1のときに。MTVを観て。

逹瑯:中1でMTV!?

卓偉:そうですね。うちの親父が、スターチャンネルみたいなのをバーッて入れていて……当時のテレビって、チャンネル(のつまみ)をひねって変えるやつだったじゃないですか。それで、12chしかなかったのが、急に31chになったんですよ。今でも覚えているんですけど、その27チャンがMTVだったんですよね。とにかく洋楽のプロモーションビデオがたくさん流れていて。そこでセックス・ピストルズの「Pretty Vacant(プリティ・ヴェイカント)」っていう曲を聴いて、“なんだこれ!?”と思って。

逹瑯:待って。卓偉くんが中1ってことは、俺は小6なんですよ。

卓偉:あれ、同い年ぐらい?

逹瑯:俺のほうがたぶん1個下です。それで、(卓偉くんが)セックス・ピストルズで衝撃を受けていた頃、俺は「ガラガラヘビがやってくる」(とんねるず)を聴いてた。

逹瑯・卓偉:アハハハハ(笑)!

逹瑯:“ちょっと待ってよ!”みたいな(笑)。

卓偉:いや、うちの親父が歌謡曲をかけない人で。家でクラシックとかジャズとか……まぁブラックミュージックですね。そういう曲が家でずっとかかっていたんですよね。

逹瑯:俺、テレビから流れてくる音楽以外で1番衝撃を受けたのって、お兄ちゃんが聴いていた長渕剛かもしれないです。

卓偉:あ、でもうちの兄貴も長渕さんが好きでしたね。

逹瑯:アルバム『昭和』をめっちゃ聴いてた。

卓偉:はいはい! でも結局、“兄貴と違うところにいこう”っていう気持ちもあったんだと思うんですよね。それで、もともと洋楽が好きだった親父の影響もあって聴くようになって。日本の音楽は、友達や兄貴の影響で聴いたものもあったんですけど、深くまではいかなくて。だけど、1番深く聴いたのはZIGGYですね。森重樹一さん(Vo)の影響があって。僕にとってZIGGYは洋楽だったんですよ、ポップな曲もすごくあったんですけど。そういう感じの中学生でしたね。

◎12月5日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」は、首振りDollsからナオさん(Vo&Dr)が登場します。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30~26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack