俳優の玉木宏が主演する読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『極主夫道』(毎週日曜22:30~)の第9話(6日放送)・最終話(13日放送)に、眞島秀和、国生さゆり、蝶野正洋が出演する。

  • (左から)国生さゆり、眞島秀和、蝶野正洋=読売テレビ提供

玉木が、元極道のスーパー専業主夫・龍を演じる同ドラマ。龍は、第9話&最終回でも、相棒のママチャリで走り、走り、走りまくる。

そこに、眞島が医者役として、コロナ禍の自粛期間中に原作『極主夫道』にハマりすぎた国生が向日葵の友達の母親役として、さらには蝶野が風邪のウイルス役として登場。それぞれ、龍と対峙(たいじ)して大暴れする。