山口紗弥加、本田響矢

山口紗弥加主演のドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(テレビ東京系、毎週水曜24:58~)の第3話が12月2日に放送される。今回は、稲葉友や福山翔大がデートの相手役として登場する。

本作は2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、今年10月に書籍化(著:松本千秋)もされた注目作。山口演じる主人公のチアキは、友人の勧めで、好奇心からマッチングアプリを始めたバツイチ独身女性。恐る恐る覗いたアプリの中には年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量におり、しかも、女性はびっくりするくらいモテまくるという……ことに驚く。しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。早くに結婚してしまい男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌することに。

前回の第2話では、チアキが流れゆくままに男と関係を持ったり、純粋な部分があったりする部分に、インターネット上では、「今回も可愛くてテンポ良い最高ドラマすぎた……」「わかるわーって笑っちゃう それぐらいリアル、笑 そこから始まるのも全然ありだった笑」「ドキドキとニヤニヤとハラハラが止まらなくなる」といった声があがっていた。

<第3話 あらすじ>
役者志望の通称・役者くん(本田響矢)とはただデートをするだけで、一晩同じベッドで寝ても何もしないようなプラトニックな関係。そんな関係に喜びを感じていたチアキ(山口)だったが、今日の彼はいつもとは少し違った。彼からの強引な誘いに負け、ついに関係を持ってしまう。他の男とは違うと思っていただけにチアキはショックを受けてしまい……。

役者くんを忘れるため、広告代理店勤務の通称・代理店くん(福山)と会うことになったチアキ。食事をし、良い雰囲気になりキスをするが、いつもとは違う感覚。これが相性……? チアキは新しい扉を開いてしまうのか!?