賀来賢人 山下達郎の楽曲に救われた過去を振り返る「やっぱり僕のなかで“神様”!」
俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。11月25日(水)~11月26日(木)の放送では、番組企画をお届けしました。


パーソナリティの賀来賢人



◆山下達郎リマスター盤からレコメンド!
11月25日(水)の放送では、会長(※本番組での賀来の呼称)が大好きなアーティストの1人、山下達郎さんのリマスター盤『POCKET MUSIC(2020 Remaster)』と『僕の中の少年(2020 Remaster)』のリリース日ということで、「ケンクラ(※本番組名の略称)レコメンド・ソング 山下達郎スペシャル」と題し、この2作の収録曲から会長のおすすめソングをオンエアするレコメンド企画をお届け!

今回、『POCKET MUSIC(2020 Remaster)』の収録曲のなかからレコメンドしたのは、「土曜日の恋人 (1995“TREASURES”MIX)」。楽曲をオンエアしたあと、「いい曲ですね~」としみじみ。「イントロの、颯爽と風が吹き抜けるようなメロディーね! たまんないですよね。初めてこの曲を聴いたとき、けっこう“ゾワゾワ”ってしましたけどね。爽やかさが“キタキタキタ~!”みたいな。山下達郎さんの魅力がいっぱい詰まった曲」と絶賛していました。

◆会長「この曲に救われた」
11月26日(木)の放送では、前日に引き続き、レコメンド企画「ケンクラ レコメンド・ソング 山下達郎スペシャル」をお届け。

2日目となるこの日は、『僕の中の少年(2020 Remaster)』の収録曲のなかからレコメンド。会長は「どれも名曲ですよね~」と迷いつつ、セレクトしたのは「蒼氓(そうぼう)」。

楽曲をオンエアしたあと、「いやぁ、いい曲だね! 僕、けっこうこの曲に救われているんですよ。(気持ちが)落ちているときとかに、友達のお店で『「蒼氓(そうぼう)」を大音量で流してくれ』と。この曲を聴きながら、“頑張ろう!”って何度も思った記憶があります」と振り返ります。

そして、「そのぐらいこの曲のパワーに救われました。本当に僕のなかで印象深い曲」とあらためて強調。2日間にわたる番組企画を終え、「やっぱり山下達郎さんは僕のなかで“神様”でした!」とリスペクトを口にしていました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月~木曜 16:50~17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/