“VR出演で新境地開拓”元夢アド・京佳が独立し会社設立「営業活動も自分でやっています」

アイドルグループ「夢みるアドレセンス」を2019年に卒業し、ソロとして女優、歌手、グラビアアイドル、You Tuberなどと幅広く活躍している京佳。今回、VR作品にも挑戦。新たなる魅力を放出している。そんな京佳が、夢アドを卒業し、個人で会社を立ち上げソロ活動を開始。独り立ちすることに不安はなかったのか…?(前中後編の前編)

【写真】「リリースも自分で送っています」京佳の撮り下ろしカット

――2019年4月に夢アド(夢みるアドレセンス)を卒業しましたが、どうして卒業しようと思ったんですか。

京佳 高校生になったときぐらいから、十代でアイドルは辞めて独り立ちしようって決めていたんです。そんなにアイドルって長くやれるものじゃないし。それで19歳になって、タイミングを見計らっていたら、大人が「もう卒業していいよ」って言ってくれたから、「今だ!」と思って。もう一つ卒業を考えたときに決めていたのは、グループ解散とか、メンバーの誰かと卒業ではなく、一人で辞めること。ニュースサイトで「京佳、夢アド卒業!」って出したかったんですよ。

――夢アドは京佳さんが卒業した約半年後に初期メンバーが全員卒業しますが、今の夢アドや、初期メンバーの動向はチェックしていますか?

京佳 噂で聞くぐらいで、あんまり追ってないですね。ただ初期メンバーの中では、一番幅広く活動している自負はあります。夢アドを卒業する直前から、「誰よりも有名になるぞ! 成功するぞ!」って考えていましたからね。

――ライバル心的なことですか?

京佳 そうそう。それを今でも念頭に置いていますし、初期メンバーの存在がガソリンになってくれています。

――連絡は取り合っているんですか?

京佳 卒業してから一度も取ってないです。いつか会えたらいいなと思っていますけど、今は自分の活動に集中しています。



――今はフリーで活動していますけど、不安はなかったんですか?

京佳 全然なかったです。なんやかんやで協力者がいてくれるんですよ。大体は夢アドをやっていたおかげで出会った人たち。特に今年は長く続けてよかったなと実感することが多くて、5年前にお仕事した人と再会する機会もありました。

――営業活動もご自身でやっているんですか?

京佳 そうですね。今年8月9日にソロデビューシングル『NEW GAME』をリリースしたんですけど、プレスリリースも自分で流しましたからね。今日も前の取材が、初めましての方だったんですけど、「この前はメールありがとうございました。京佳さん自身からプレスリリースがきたのでビックリしました」と言われました。

――知り合いだけではなく、幅広くプレスリリースを送っているんですね。若い女性がフリーで芸能活動するのは危険なイメージもありますけど。

京佳 フリーになって変な大人が近寄ってくることはあんまりないですね。それも協力者がいてくれるからだと思います。たとえばグラビア関連のお仕事だと、グラビア系事務所の人が営業を手伝ってくれますし、音楽活動だったら音楽の協力者がいて、すごく恵まれています。

――会社組織にしているんですか?

京佳 そうです。私が社長で、役員が一人います。夢アドを辞める半年ぐらい前に知り合った人なんですけど、コンサルティングアドバイザーという形で入ってもらってます。

※インタビュー中編「You Tubeからグラビアまで今年は良い方向に進んだ」はこちらから。

▽京佳Twitter
@Kyouka_02

ファンクラブ 京佳の秘密部屋

「最高に楽しめるパーティーチューンなミニアルバム&MVを作りたい!」
クラウドファンディングを実施中

▽PICMO VR サービスサイト:https://www.picmo.jp/

「はじめての VR、はじめてのわたし。京佳」(制作:FANTASTICA):https://www.picmo.jp/video/show/3069

「Stop! Look! Listen! Kyoka」(制作:FANTASTICA):https://www.picmo.jp/video/show/3073

「京佳のこと。〜浴衣の京佳、水着の京佳、素顔の京佳と甘美な時間〜」(制作:FANTASTICA):https://www.picmo.jp/video/show/3076