丸太郎(阿部サダヲ)、まり(仲里依紗)

木村佳乃が主演を務める金曜ドラマ『恋する母たち』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第6話が、11月27日に放送。インターネット上では、磯村勇斗演じる赤坂剛と阿部サダヲ演じる今昔亭丸太郎の優しさと頼りがいある言葉に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

迷える母たちの恋愛と友情を描き、「女性セブン」(小学館)で2017年から2020年7月まで連載された柴門ふみの同名漫画を、恋愛ドラマの名⼿・大石静の脚本でドラマ化。子供を同じ名門校に通わせる3人の母親が、再び女性として恋に落ちてしまう瞬間を描くリアルなラブストーリー。

石渡杏(木村)が高根不動産で仕事をしていると、ある男がやって来た。コジカフーズの宣伝部で働いているというその男は「結婚したい人がいたんです。年上で、結婚をしていて、子供もいて。結局、フラれました。その人は転勤でいなくなったし、いろいろ吹っ切るために、住むところを変えようと思ったんです」と語る。杏は千葉で新しい生活を始めた林優子(吉田羊)に連絡。彼こそ、赤坂ではないかと質問を投げかけた。彼女はすべてを察し「よろしくお願いします」と返信した。

千葉支店の営業部長としてあいさつ回りをする中、優子は、嫌味な社長(尾美としのり)がいるという塚越商店へ向かう。今春納品ミスを起こしてしまい、それ以来別会社に取引を鞍替えされている。しかも、「土下座しろ!」と強要してくるという。当然、優子にも土下座を要求してきた。優子はその場で「本当に申し訳ありませんでした!」と土下座。すると「ずっとそうやってしてろ」と社長は出て行ってしまう。社長が昼食から帰ってくるまで土下座を続けた優子。根気に負けてくれたのか、社長から挽回のチャンスをもらった。

疲れて家に戻ると、赤坂から電話が。彼は「すぐに切りますから」と元営業部としてワンポイントアドバイスをおくった。相手は昭和のオヤジばかりのため、こちらも昭和スタイルでやればいいという。優子は「分かっているわよ」と返すが「分かっているのと、やるのとは違うんで。困ったことがあったら赤坂を呼び出してください」と言葉をかけてくれた。優子は心の中で“営業で困っていることはないのよ。私が困っているのは、なかなかあなたを忘れられないこと”とつぶやいた。

一方、蒲原まり(仲里依紗)は、夫・繁樹(玉置玲央)が週刊誌にスキャンダルを書かれ、追い詰められる形に。まりや子供たち自身もマスコミにカメラを向けられ大ピンチに陥る。丸太郎に電話すると「辛かったら子供たち連れてウチにおいで。私が全部引き受けるから」と優しい言葉をかけられ……。

ネット上では、別れたはずの赤坂の優しさに「少し憂いをおびた赤坂くんもよいなあ……」「まだ終わってないのに赤坂ロスです。沼深い。優しければ優しいほどくるしいです」「私も磯村勇斗の全裸が忘れられない」の声が。

また、ピンチのときに優しい言葉をかけてくれる丸太郎には「丸太郎さんがあまりにも男らしくてキュン」「一番言って欲しいセリフを言ってくれる、、惚れそう」「肯定してくれて大丈夫だよ、思うままに進むといいよ。って、踏み外したらしっかり受け止めてくれる。最高かよ」「頼りになる最後の言葉さらっとでてきてすごい」とのコメントもあった。

次回第7話は12月4日に放送。会議に出席するため東京本社に戻った優子のもとに、赤坂が現れる。