「千の夏と夢」

鯨庭の単行本「千の夏と夢」が、本日11月27日にリイド社より発売された。

「千の夏と夢」は著者初の作品集。雨乞いのため龍神に“献上”された少女と龍神の物語「いとしくておいしい」、“自分を呪う馬鹿な鬼”が拾い子を育てる「ばかな鬼」、人造ケンタウロスと少女の絆を描く「君はそれでも優しかった」など、伝説上の生き物と人の関わりを綴った短編5作が収録されている。