QuizKnock伊沢拓司&伊東が中3男子にアドバイス「私立と公立、両方受けるための勉強方法は?」
QuizKnockのメンバーが受験生を応援するラジオ番組「天才LOCKS!」が、11月よりTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」内でスタートしました。11月24日(火)の放送では、伊沢拓司さんとライターで東京大学工学部3年の伊東さんが、中学3年生の男性リスナーから届いた相談にアドバイスをおくりました。



――中3・男性リスナーの相談
【僕は受けたい高校を第3志望まで決めています。そこで質問ですが、受けたい高校全ての過去問を解いたほうがいいのでしょうか。それとも、高校入試によく出る問題などを解いたほうがいいのでしょうか】

伊沢:俺は高校入試をしてないのよ。

伊東:自分は公立と私立の両方を受験しました。高校入試でよく出る問題を解くことは、自分的にはマストかなと思っています。

伊沢:なるほどね。過去問かよく出る問題かの二択ではない?

伊東:そうですね。特殊な問題が出る高校に対しては独自の対策が必要なので、よく出る問題と各高校にあわせた対策をバランスよくとったほうがいいと思います。

伊沢:ベースによく出る問題を解く、というのがあって、プラス過去問を解いて様子を見る、みたいな話ってこと?

伊東:そう思います。

伊沢:その2つのバランスはどんな感じだった?

伊東:自分のときは、高校入試でよく出る問題を解きまくって、私立高校の対策も少しやる、みたいな感じでした。

伊沢:なるほど。私立高校で、特殊な問題があまり出なかったってこと?

伊東:そこまで出なかったです。公立高校の入試問題を対策することで、私立も対策できました。

伊沢:なるほどね~。それは私立高校の過去問を見て「結構、普通の問題が出るな」って思ったのかな?

伊東:1、2年分くらいを見て「意外と普通の問題だな」と、基本ができていれば解ける問題だと感じたので、そういう方針で勉強しました。

伊沢:今の“感じた”って共感するんだけど、過去問ってメッセージなんだよね。その学校はどういう子が欲しいかというのが入っているから、ちょっとは見ておいたほうがいいよね。その上で研究していく、ということだと思います。

伊東:そうですね。

伊沢:ということで結論! 『頻出問題はマスト! その上でちょっぴり過去問も見てみよう!』

受験に関する相談や、受験を乗り越える鍵となる曲のリクエストは、「天才LOCKS!」特設サイト(https://www.tfm.co.jp/lock/2020/jyuken/)まで。

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月~金曜 22:00~23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/