ノジマ、セシール事業を取得 子会社のニフティを通じてディノス・セシールから

ノジマは11月26日、子会社のニフティを通じて、ディノス・セシールから「セシール」事業を承継する会社「株式会社セシール」(新セシール)の株式を取得すると発表した。同日、ニフティとディノス・セシールの間で株式譲渡契約を締結した。株式譲渡実行日は2021年3月1日の予定。

ノジマグループは、あらゆる家電製品がインターネットやモバイル端末を通じてつながるIoT時代において、顧客のスマートライフのハブとなり、世の中に新しい価値を提供するトータルソリューション企業への進化を目指している。子会社のニフティは、ネットワークサービス事業とWEBサービス事業から構成するネットサービスを事業会社として、ノジマグループの構想の中で重要な役割を担う。

「セシール」はシニア女性層を中心に全国の顧客から支持を集めている。インナーをはじめ幅広い生活用品を展開する、老舗総合通販ブランドとして知られており、顧客の声を生かした商品開発に定評があるという。近年ではカタログ通販を主軸とする事業展開の中、これまで蓄積してきたノウハウを生かし、EC領域の強化を推進している。

今回の株式取得により、ニフティが展開するネットサービスを提供する顧客層の拡充を図るとともに、ニフティが長年培ってきたネット領域のノウハウを活用することで新セシールの事業構造改革を進めていく計画。新セシールがノジマグループに入ることで、グループにおけるEC領域の展開を加速させる狙いもある。

ディノス・セシールは、「近年激化する競争環境において、今後さらなる競争力の強化やブランド価値向上を図り、持続的にお客さまによりよい商品・サービスをご提供していくため、総合的に検討した結果、ニフティによる新たな経営環境下で事業を展開することが最善の選択肢であると判断し、このたび譲渡を決定した」と説明している。

さらに、今回、「セシール」事業だけでなく、コールセンター事業を行うディノス・セシールコミュニケーションズ(DCC)やセシール ビジネス&スタッフィング、賽詩麗商貿(上海)有限公司の全ての発行済株式を、譲渡対象として設立する新会社に吸収分割の方法により承継させ、併せてニフティに譲渡することも発表した。

DCCのディノス事業やリテンション事業については、分社化と同時にニフティに株式を譲渡しない新会社を設立して吸収分割の方法により承継し、ディノス・セシールの完全子会社として事業を継続させる。新会社は12月1日設立予定で、社名は「株式会社ディノスコールセンター」になる予定。