金哲彦が注目する、箱根駅伝のスター選手は? 「順天堂大学の三浦君、駒澤大学の田澤君…」
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。11月12日(木)のお客様は、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんと金哲彦さん。金哲彦さんが語る、第97回箱根駅伝の注目選手とは?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)田村亮さん、金哲彦さん



◆ロードレースの醍醐味は、切れ間ない“応援”!

金:ロードレースって、駅伝も含めてスタジアムとかよりも、もっと広いじゃないですか。で、ずっと切れ間ない応援……あれがいいんですよね。今、コロナで自粛をしなきゃいけなくなっているんですけど。

田村:それこそ箱根駅伝もやるじゃないですか。応援したい気持ちはあるけど、ある程度、自粛しながらの応援をしないと。

金:そう。だってあれ、往復200キロ以上じゃないですか。沿道で応援する人の人数なんて100万人どころじゃないですから。東京マラソンが大体100万人以上の応援って言われているんですけど、普段はその倍くらいの人たちが沿道に出ていますので。

田村:金さんは大学時代、箱根駅伝を何回走っているんですか?

金:4回、全部山登りです。昔は、そこまで応援はなかった。山のなかは寂しかったですよ(笑)。

田村:あそこまで盛り上がっていなかった?

金:盛り上がってなかった。

田村:青学もあんな感じにはなっていなかったんでしょうね。

◆金哲彦的・箱根駅伝の“注目選手”とは?

田村:そういえば早稲田大学って陸上部じゃないんですよね。

金:そう、“競走部”。競う、走る。“争う”じゃないですよ。

田村:すごいよね、競走部。箱根駅伝は、今回もまたスター選手が誕生するんでしょうね。

金:1区は、順天堂大学1年生の三浦(龍司)君が素晴らしい走りをして。で、アンカーは駒澤大学の田澤(廉)君がダーッと最後のスパートを……。

田村:見どころがいっぱい! そうだ。この間、駒沢を走っていたら、駒澤大学の人がいたな……1回見て、テンションが上がりました。

金:この間、箱根駅伝の予選会があったじゃないですか。記録がめちゃくちゃいいんですよ。みんなコロナで自粛して、合同練習ができない期間が何カ月もあったのに、ちゃんと練習しているんですよね。すごくびっくりした。

田村:そうなんですよね。合同練習をせずに、個々で仕上げていってる、ということですかね。メニューをしっかり考えて。

金:そうです。だから今年はどのスポーツもそうですけど、自分の自主練習をやらなきゃいけない期間がけっこうあったはずなのに、ちゃんとやっているんですよね。みんなそれぞれ工夫して。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……
11月26日(木)ダチョウ倶楽部・寺門ジモンさん×EXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・NAOTOさん
がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/