手芸販売の藤久、第1四半期の売上高5.2%増 赤字体質改善のプロジェクトチーム発足

藤久は、2020年7-9月期(第1四半期)における通販部門の売上高が前年同期比5.2%増の2億5000万円だった。営業損失額については非開示で、同部門は赤字体質だったとしている。収益改善のため、プロジェクトチームを発足し、黒字化に向け取り組んでいる。
 
レジ袋有料化に伴うエコバッグや、手作りマスクの需要がけん引。生地の売り上げが伸長し、増収となった。
 
通販部門は物流拠点の整備を中心にコスト削減に取り組んでいくという。