Lifeit、新体制でも2桁増収を 3期連続の2桁増収中

子供用品やガーデン用品などを扱う、複数のECサイトを運営するLifeit(ライフイット)は10月26日付けで、植田元気氏が取締役社長に就任する人事を行った。前任の三好宏明社長は退任した。新社長は、親会社であるティーライフの創業者、植田伸司会長の実子。Lifeitの代表権は、西上節也代表が持つ。植田元気社長は、ティーライフを含む通販会社2社での勤務経験を生かし、2021年7月期業績を4期連続となる2桁増収に導きたいという。
 
Lifeitの2020年7月期の売上高は非公開だが、本紙推定では約19億円。前期比では2桁増収だったという。3期連続の2桁増収を達成したことになる。
 
植田元気新社長は、「前職で勤めていたティーライフとの連携を強化したい。ノウハウや情報を共有し、双方にメリットをもたらしたい」と意気込みを語る。「需要が高まっているソリューション部門を強化していきたい」とも話している。