セラー向け!「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」直前でも間に合う対策6選!【Amazon 出品メソッド!アグザルファが徹底解説】

Amazonコンサルティングを展開するアグザルファの鈴木です!こちらのコラムでは、Amazon出品に関する、基本事項から最新情報までを徹底解説していきます。


今年もこのシーズンが到来。

「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」今年も開催!

なんと今年は、11月27日(金)9:00から12月1日(火)23:59まで開催する5日間のビッグセール「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」としての開催が正式に発表されました!

先月10月に開催された「Amazonプライムデー 」に引き続き、年末商戦のビッグイベントが開催です。セラーの皆さまにとっては、年内の売り上げを最大化できるチャンスになるのではないでしょうか!

 
ということで今回は、Amazon専門コンサルタント厳選!「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」直前でも間に合う6つの対策を解説いたします!


「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」概要

2020年「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」についての概要です。
 

■ 「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」2020年 開催日

第1弾「Amazonブラックフライデー」
11月27日(金)9:00 〜 11月29日(日)23:59

第2弾「Amazonサイバーマンデー」
11月30(月)0:00 〜 12月1日(火)23:59


■「Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー」特設サイト
https://www.amazon.co.jp/blackfriday
(2020年11月21日更新)


Amazonビッグイベントは事前対策が肝心な理由 
まず初めに、Amazonビッグイベントは「事前対策」が肝心であることについて触れておきます。

これらAmazonのビッグイベントは、Amazon側としても肝煎りの一大イベントです。

そのため、Amazonはビッグイベントに向けて、積極的なプロモーション活動を行い、TVCMをはじめ、雑誌、Webメディアなど、さまざまな媒体で露出強化を高めていきます。

イベント開催日が迫るにつれ、期間限定キャンペーンの告知や目玉商品の事前公開など、Amazonユーザーの熱量が上昇する仕掛けが発信されます!


通常通りでは対応不足に?
一大イベントということもあり、Amazonとしては盛大に盛り上げる準備を進めてくれますので、イベント開催期間中は通常以上に多くのユーザーがAmazonサイトへ訪れます。

ということは、セラーの皆さんは「通常通り」では乗り切れない可能性があるのです。


・在庫不足が発生
・広告予算不足もしくは競合に負けてインプレッション数が減少
・注文数が殺到し、リードタイム以内に発送対応ができず、アカウント健全性に悪影響を及ぼす(出品者出荷の場合)


などのように、「通常通り」ではこのような事態が発生してしまう恐れがあります。


セール感を高める
大きなセール会場であるAmazonサイトへ、「セールを楽しむぞ!」といった目的をお持ちの多くのユーザーが集まるとなると、セラーとしては売り上げを上げるチャンスです!

「セール感を高める対策」を事前に準備しておくことで、セールを楽しみに来たユーザーだけでなく、何かお得な商品があるのかな〜と、気軽にのぞきに来たユーザーにも訴求できるでしょう。
 

イベント終了以降の売り上げ底上げ
事前対策を施すことで、一時的な注文数増加、売り上げアップはもちろんですが、イベント終了後にも好影響を与える可能性が高まります。


通常以上に販売実績を蓄積できる機会であるため、イベント時に蓄積した販売実績の効果で、検索結果やランキングが上昇し、売り上げが底上げすることもあります。

  

「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」直前でも間に合う6つの対策!
 

Amazon出品における売上アップの対策は様々で、当然ながら多くの時間を要します。



とはいえ、「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」開催を目前に控えていますので、比較的短時間で着手できるコンサルタントが厳選した6つの対策を解説しますので、ぜひご参考ください!

 

1 )在庫数の確保・在庫数反映
2 )自社セール開催の検討
3 )販促プロモーションの活用
4 )商品ページの見直し・改善
5 )広告運用の見直し
6 )Amazonストアの見直し

 

 

1)  在庫数の確保・在庫数反映
■在庫数の反映をお忘れなく
販売可能な在庫数を確保し、確実に商品情報へ在庫数を反映しましょう。 

■FBA納品はお早めに
セール期間中は出荷作業の負担を減らすために、FBAを利用することをおすすめいたします。(SEO対策としても効果的)


ビッグセール直前はFC(フルフィルメントセンター)で受領混雑による受領遅延が発生しますので、約2週間〜1ヶ月前より対応準備しておくと良いでしょう。


■FBA納品が間に合わない場合は「出品者出荷」で対応
開催日までに、FBA納品が間に合わない場合は、FBA在庫が全て注文され「在庫数0」になった後、「出品者出荷」へ切り替えて注文を継続して受けられる体制も検討しておくことで、販売機会損失を防ぐことができます。

 
2)自社セール開催の検討
通常時と変化をつけることが「セール感の演出」におけるポイントですので、「セール価格」で販売するだけでも見え方が違ってきますよ。

「セール価格」にする商品は、売れ筋商品、注力商品、新規商品、在庫処分商品などの一部商品でも構いません。


3)販促プロモーションの活用
直接的な値引きが難しい場合は、期間内だけでも「Amazonポイントの付与」や「クーポン」、「1点購入でもう1点プレゼント」「購入割引」といった販促プロモーションを活用する方法もあります。

検索対策や商品ページ上の充実感がアップし、転換率向上に繋がる効果があります。
 

4) 商品ページの見直し・改善
開催期間中は、全体的にセッション数が上がりやすい期間です。商品ページの見直しを図り転換率の向上に繋げていきましょう。

ただし、こちらの対策は少し時間を要しますので、売れ筋商品や注力商品から優先的に進めていくことをおすすめいたします。

 
■商品ページの見直し・改善 簡単ポイント

・商品情報に不足がないか(サイズ、容量、色、素材、付属内容など)
・商品画像と商品情報に相違がないか
・商品画像が拡大されるサイズ(1000pixel×1000pixel以上)でアップしているか
・商品のPRポイントが記載されていると尚良し
・商品紹介コンテンツ(A+)作成していると尚良し
 

また、今年は例年と違いコロナ禍のため、商材によっては現在の生活様式(ニューノーマル)に併せたキーワードを盛り込むことでSEO対策にも効果を発揮する可能性があります。
 

5)広告運用の見直し
広告運用されている場合、予算アップや入札単価の見直しなどの調整を行ってみましょう。

競合セラーも広告強化の動きを図る可能性が高いため、広告運用を強化するのであれば、開催期間中も注視いただき都度見直しや微調整を行うこともおすすめします。

 
6)Amazonストアの見直し
Amazonストアを運用しているセラーで特にストアページへの流入が高い場合は、セール訴求できるページ構成の見直しを図りましょう。

 
<まとめ>

「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」はビッグイベントです!

Amazonが力を入れてプロモーションを行い集客をしてきますので、セラーとして有効活用すべき機会であると考えています。

今回は年末商戦でお忙しいセラーの皆さんでも、比較的短時間で着手できる対策を6つ厳選して解説しました。


この中からできそうな項目だけでも事前対策してみてください。
(できれば2項目以上がベスト!)
 

年末商戦本番ともいえる「Amazonブラックフライデー」「Amazonサイバーマンデー」、年内の売上を最大化して乗り切りましょう!

Amazonセラーの皆さまの成功を祈っております!