TikTokで人気、「ラリった初音ミク」ことアシュニコの魅力を辰巳JUNKが解説

TikTokで160万以上のフォロワーを持つアシュニコ。米ノース・カロライナ生まれ、現在は英ロンドンで活動中。「ポップのアンチテーゼ」と呼ばれる彼女の不思議な魅力について、ライター・辰巳JUNKが解説する。

「ビジュアル面はつねに大事。良い音楽アーティストであると同じくらい、優れたビジュアルアーティストでなくちゃいけない」。24歳にして作家性を周知させたアシュニコが言うのだから、頷かざるをえないだろう。「ラリった初音ミク」と呼ばれる彼女のトレードマークは、青色のロングヘアー。新曲「Cry」でコラボしたグライムスと同じく、日本アニメや黙示録テーマのビデオゲームのモチーフを得意としながら、ときにグロテスクに振り切れるビジュアルワークが強烈なアーティストである。

とくに象徴的なのが、知名度を一気に向上させた代表曲「STUPID feat. Yung Baby Tate」だろう。ミュージックビデオは、客演Yung Baby Tateとともに血まみれになりながら元カレたちを殺して回るショッキングさ。リリックも過激だ。ヘヴィなイントロで爆笑まじりにシャウトされる”Wet”とは、元カレの濡れたペニスのような状態を指している。続くコーラスも強烈だ。「馬鹿男たちは思ってる/私が彼を必要としてるって(”Stupid boy think that I need him”)」。つまり、ミュージックビデオそのまま、元カレに対する憤怒をぶちまけるトラックである。

【動画】斧を手にした血まみれのアシュニコが、元カレたちを殺していく過激なミュージックビデオ

これがTikTokでウケた。2019年秋リリース直後、当時の恋人と踊ったマイリー・サイラスを含めて、大勢のユーザーたちが「STUPID」で自己表現をしていったのだ。アシュニコ自身はアプリ自体ダウンロードしていなかったというが、クリエイティビティとユーモアを重んじるそのプラットフォームは、彼女のアーティストとしての志を叶える場として最適だったかもしれない。傲慢な勘違いをする元カレを嘲笑う「STUPID」の本懐は、実質的に「お前なんていらない」と表明することにある。女性たちに「男性のために自分を小さく見せなくて良い」メッセージが込められている楽曲なのだ。その後リリースされた「Daisy」にしても、激しく真摯な想いが宿っている。アシュニコの分身たる主人公は、強姦犯を駆逐して家父長制に殴り込み、名刺代わりにデイジーの花を残していく自警団的ヒーローとされる。「私はシンデレラじゃないけど靴は好き/ガラスの靴でも厚底を/ビッチ、私は好みにはうるさいよ」……女性に従順さを求める社会規範を強烈に跳ね返しながらファッショナブルな嗜好も愉しんでいくアシュニコは、強烈な表現とハードな音楽を通してエンパワーメントを広めつづけている。TikTok投稿群をピックアップした「Daisy (TikTok Compilation Video)」を観れば、不条理な経験すら活かして自己表現する若者たちのヒーロー的存在であることも伝わってくるだろう。


「インターセクショナリティ・フェミニスト」を名乗るアシュニコ

すべての人々を内包するため学び続ける「インターセクショナリティ・フェミニスト」を名乗るアシュニコは、意外にも保守的な環境で育った。1994年に生まれた彼女が10代で家族とエストニア、ラトビアに移住し、18歳ごろ音楽家を目指してロンドンに単身渡ったことはよく語られるが、生まれ自体はアメリカのノースカロライナ州の郊外だったという。楽曲「Working Bitch」の牧歌的サウンドからもうかがえるように、両親は娘にカントリー音楽を聴かせたという。同時に、幼きアシュニコが魅入られたのは、誇張表現やエキセントリックなセンスで反抗を発信していった女性アーティストたちだ。iPodに初めてダウンロードしたM.I.A.を筆頭に、パラモアやグウェン・ステファニー、ニッキー・ミナージュ、ビョーク、ミッシー・エリオット、リル・キム等を愛聴。男性アーティストの音楽は16歳ごろまで聴かなかったというのだから筋金入りだ。パワフルな女性アーティストに憧れるなか、Tumblr、つまりインターネットで触れたフェミニズム思想を独学していったことで、本名アシュトン・ニコール・ケイシーを略した「アーティスト・アシュニコ」の基礎が形成されていったという。

みずからの音楽性を「pop-punk-hip-hop-bubblegum」といった風に語るアシュニコだが、待望のデビュー・ミックステープ『Demidevil』には、彼女のルーツとも言えるきらびやかな2000年代女性スターの影響が垣間見える。たとえば収録予定曲「L8r Boi」は、アヴリル・ラヴィーンのクラシック「Sk8er Boi」リワークであり、コミカルでR指定な2020年バージョンだと語られている。アヴリル側が原曲の使用許可を出したのは初めてというのだから、アシュニコへの期待と信頼がうかがえる。同じく収録予定「Toxic」の場合、そのままブリトニー・スピアーズの同名曲を下敷きにしており、音楽産業の身勝手な男性たちが描かれるようだ。極めつけには、ケリスの世紀末の名曲「Caught Out There」をサンプリングした「Deal With It」まで仕込まれている。「怒りと自信が入り交じる弱さ」も明かされるという新境地『Demidevil』のリリース予定日は2021年2月19日。記念すべきことに、アシュニコ25歳の誕生日だ。加えて、彼女がたった24年の月日で打ち立てた勇敢な音楽を今から体験する時間もたっぷり残されている。


・Ashnikko 「Daisy」 日本語字幕付き動画


 
■リリース情報
Ashnikko / アシュニコ
デビュー・ミックステープ『Demidevil / デミデビル』

2021年2月19日リリース予定
トラックリスト:
1. Daisy
2. Toxic
3. Deal With It
4. Slumber Party (feat. Princess Nokia)
5. Drunk With My Friendz
6. Little Boy
7. Cry (feat. Grimes)
8. L8r Boi
9. Good While It Lasted
10. Clitoris! The Musical
 
アシュニコ「Daisy」」好評配信中
ダウンロード/ストリーミングはこちら:
https://Japan.lnk.to/Ashnikko_DaisyM2