巨人の増田大輝(C)KYODO NEWS IMAGES

 現在放送されている『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ソフトバンク-巨人 日本シリーズ第4戦』で解説を務めている野村弘樹氏は、巨人・増田大輝の2回の第1打席について言及した。

 1-2の2回、巨人は先頭の田中俊太がセンター前ヒットで出塁すると、続く岸田行倫が犠打で得点圏に走者を進める。ここで増田大輝は、1ボール1ストライクからソフトバンク先発・和田毅が投じたストレートを中飛に打ち取られた。

 この打撃に野村弘樹氏は「このあたりですよね。簡単にあげてしまってはね。増田の良さというのは、なんなんだろうと考えた時に、まずは足ですよね。だったら、もう少し目付けを下にしながら、今のはボール気味なんですよ。転がせば面白いと思うんですけど、冷静さがないのかもしれないですね」と指摘。

 続く若林晃弘も中飛に倒れ、同点に追いつくことができなかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)