スーパー「マックスバリュ」「カスミ」に食品宅配アプリの商品受取ルーム設置 注文からピックアップまで非接触で

ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)はこのほど、食品宅配アプリ「Online Delivery Ignica」において、無人ピックアップルームによる店頭受取サービスを導入した。スーパー「マックスバリュ」「カスミ」などにピックアップルームを設置。利用者のスマホを利用した非接触の店頭受取サービスにより、安全・安心かつ利便性の高い新たな買い物体験を提供する。

食品宅配アプリ「Online Delivery Ignica」は、店舗で扱う商品をアプリで注文し、自宅や配送エリア内の指定先、または店頭で受け取ることができる食品宅配サービス。このほどU.S.M.Hは、自社アプリにフォトシンス社の「Akerun 入退室管理システム」を連携し、注文商品の店頭受け取りシステムを構築。店内の商品ピックアップルームにセキュリティロック解除機能を搭載した。これによりピックアップルームの常時施錠が可能となり、セキュリティの高い商品保管を実現した。


非接触で商品の注文から受け取りまで完結

店内設置のピックアップルームに出向いた利用者は、スマホアプリの購入履歴画面から「鍵を開ける」をタップしてカメラを起動し、トビラのQRコードを読み取り開錠・入室できる。ルーム内でアプリの「受け取り」をタップし、注文保管場所のQRコードを読み取り、商品をピックアップする仕組みだ。注文から受け取り時の本人認証、ピックアップルームへの入退室までを購入者のスマホで完結でき、非接触の新しい買い物体験を提供するとしている。

U.S.M.Hは11月16日、傘下のマックスバリュ関東が運営する「マックスバリュおゆみ野店」に無人ピックアップルームを設置した。12月上旬には傘下のカスミが運営する「フードスクエアカスミ柏千代田店」「カスミ鹿嶋スタジアム店」にも設置する予定。今後も食品宅配サービス対応店舗拡大に合わせ、ピックアップルームによる店頭受取サービスも順次拡大する計画だ。


「Online Delivery Ignica」
https://www.usmh.co.jp/app/