ソフトバンクのマット・ムーア

SMBC日本シリーズ2020・第3戦
○ ソフトバンク 4 - 0 巨人 ●
<11月24日・PayPayドーム>

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ソフトバンク-巨人 日本シリーズ第3戦』で解説を務めた里崎智也氏が、ソフトバンクの継投について語った。

 ソフトバンクの先発・ムーアは、失策と2つ四球で走者を出したが、巨人打線を7回、93球、0安打、5奪三振、2四球、0失点に抑えるピッチング。7回までノーヒットに抑えていたムーアだったが、4-0の8回はセットアッパーのモイネロがマウンドへ。モイネロは四球と死球で走者を出したが、1回を無安打無失点に抑えた。9回は守護神・森唯斗が二死走者なしから丸佳浩に初安打を許したが、無失点に抑え試合を締めた。

 里崎氏は8回攻撃前にムーアからモイネロへの継投について「僕は外にいる人間なので(ノーヒットノーランへの)好奇心はありますが、現場にいるとそんなことを言っている場合じゃないんですよ」と話し、「ムーアがノーヒットノーランのときにスパッと代えられるのは、モイネロの存在があるからこそ、納得のいく交代になるんですよね」と自身の見解を述べていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)