ビリー・アイリッシュ『バッド・ガイ』10億回再生突破記念、世界初の無限再生動画が誕生

YouTubeは、Googleが所有するAI技術を駆使し、ビリー・アイリッシュのファンが作った無数のカバー動画をつなぎ合わせた、無限再生の動画を生み出した。

ロシアのメタルマニアとフランスのオートハープ奏者の共通点は何だろう? 正解は、両者ともビリー・アイリッシュの「バッド・ガイ」をカバーしていること。同楽曲のオリジナルMVは、先日YouTubeで再生回数10億回を突破した。

この偉業とアイリッシュの大ヒット曲「バッド・ガイ」がYouTubeでもっともカバーされた回数の多い楽曲のひとつであることを祝し、YouTubeは同社が「世界初の無限動画」と呼ぶ動画を発表した。「世界初の無限動画」とは、「バッド・ガイ」をカバーした無数の短い動画をランダムにつなぎ合わせて、見るたびに新しいビジュアルを生み出すものだ。楽曲のストラクチャーを認識できるAIのおかげで、歌のシークエンスに合った動画が毎回表示される仕組みになっている。

>>関連記事:ビリー・アイリッシュについて、知っておいて絶対に損はしない20の事柄

実のところ、この「無限」動画は本当の意味でエンドレスではない。だが、YouTubeは1.46 x 10の100乗年分の動画の組み合わせが存在し、ひとりの視聴者が一生の間にまったく同じシークエンスにふたたび出くわす可能性はゼロだと主張する。この動画は、1050万秒相当のデジタルコンテンツでできている。

YouTubeは、「Infinite Bad Guy」を進化し続ける実験と捉えている。そのため、今回の発表後に作られたファン動画もやがては無限動画に組み込まれる予定だと同社の担当者たちは保証する。

動画をスタートした後、視聴者は自動的に「#Everything」のカテゴリーに振り分けられるが、もっとアクティブに体験したい人は、特定の楽器やジャンルを使った動画を選ぶことで、曲に合わせて跳ねたり踊ったりできる。手話言語、ダンス・ルーティン、パロディはもちろん、それ以外のカテゴリーも目白押しだ。一時停止をクリックするごとに視聴者は、視聴した動画のリストを細かくチェックし、クリエイターの公式YouTubeチャンネルに移行することもできる。

>>関連記事:ビリー・アイリッシュと実兄が語る「Bad Guy」制作秘話

「今回の体験を生み出すにあたり、Google Creative Labはテンポ、楽器、キー、スタイルの異なる無数の動画と音声を完璧に合わせる必要がありました」とYouTubeは米現地時間11月23日の朝に同社の公式ブログに投稿した。「従来のアルゴリズムだけでは実現できなかったため、私たちは機械学習に切り替えました。アコースティックやアカペラバージョンといったオリジナルの楽曲から派生した動画用に、カバーとオリジナルの組み合わせを予測できる、ニュートラルなネットワークを構築しました。このデータのおかげで、多彩なカバーをマッチさせ、シームレスにつなぎ合わせることができたのです」。



こうした技術的な要件の都合上、「Infinite Bad Guy」は従来のYouTubeで生配信することができない。その代わりとして、主催者は特設サイトbillie.withyoutube.comを立ち上げた。

「最先端技術関連のアイデアを駆使することが大好きなチームとして、こうしたアイデアをYouTubeの規模に適応させ、クリエイティブかつ豊富なコンテンツのグループと一緒に仕事ができるのは、まさに唯一無二の体験です」とGoogle Creative Labのプロデューサーを務めるジェイ・チェン氏は本誌にコメントした。「このプロジェクトは、YouTubeのファン・カルチャーに捧げられた、愛に満ちた記念碑であり、多様性と素晴らしい偉業を象徴しています。動画の組み合わせは数十億ありますから、2度と同じ動画は観られませんし、とにかく、はやく皆さんに試していただきたいです」。



YouTubeのグローバル・アーティスト・リレーションズ部門のトップを務めるヴィヴィアン・ルウィット氏は、次のように言い添えた。「私たちは、ビリー・アイリッシュが世界的なスーパースターになるまでの道のりをビリーと彼女のチームとともにするという栄誉を与えられました。今日は、『バッド・ガイ』の再生回数10億回突破と、ビリーの熱狂的なファンの皆さんとともに『Infinite Bad Guy』の動画制作に光を当てられたことをお祝いでき、大変光栄です。この唯一無二の体験こそ、ビリーと彼女のYouTubeコミュニティを称える私たちなりの方法なのです」。

From Rolling Stone US