【元祖TC24搭載編04】難関を乗り越え、元祖TC24 積み込み作業2日目! ついにシャコタンS30Zが動き出す!|新車同様のマシンに最強の心臓を|ノブちゃんS30Z製作記 Vol.19

【ノブちゃんS30Z製作記 Vol.19 <TC24組付編08>】

最後のヤマ場を超えるために、作業をスタート。順調に各作業が進み、お昼の休憩を挟んで、いよいよエンジンにオイルを注入する段取りになった。この作業は、元祖TC24オーナーの登竜門とされていて、ヘッドの上からたっぷりとオイルを垂らす重要な儀式。エンジンをクランキングさせる前に、カムやロッカーアーム、チェーンまわりにオイルを馴染ませておくことで、万が一のトラブルを避けるための作業とのこと。

 当然、オイルを垂らすのは、オーナーであるノブちゃんの役目。オイルジョッキにたっぷりとオイルを入れ、慎重にオイルをかけるが、勢い余ってオイルがエンジン外に流れ出た。まあ、これがお決まりの儀式らしい。

 さらに、みんなでエンジンの無事を祈り、御神酒ではなく「マルカタしょうゆ」をかける真似をして儀式は終了。こぼれたオイルをキレイに拭いて、ヘッドカバーを装着。最後に点火プラグを装着すれば、いよいよエンジン始動となる。と、その前に、ラジエーターに冷却水を注入するのを忘れていた。

 これで準備万端。まずはクランキングでオイルを十分に循環させ、ついにノブちゃんの元祖TC24が初爆! 集まった大人たちは少年のような笑顔になるハズが……。トラブル発生か⁉

TC24オーナーの儀式であるオイルかけからヘッドカバー装着、ラジエター装着など【写真9枚】