ヒゲダン、岡村靖幸、玉置浩二…“ジャケ買いされたい”声優・高槻かなこが惚れたCDジャケット3選
アーティストとして新たなステージを目指す声優・高槻かなこがお送りするTOKYO FMの番組「高槻かなこのROYAL Night」。11月14日(土)の放送は、「“ジャケ買いされたい”高槻かなこが選ぶ! このジャケットが好き」を発表! 最新ヒットから往年の名盤まで、個性あふれる3作品をセレクトしました。


パーソナリティの高槻かなこ



今年10月、シングル「Anti world」で待望のアーティストデビューを果たした高槻。そんな彼女の夢の1つは、ジャケ買いされるアーティストになること。ということで、番組ではソロデビュー1ヵ月記念企画「“ジャケ買いされたい”高槻かなこが選ぶ! このジャケットが好き」を開催! ジャケットセンスが光る3枚のお気に入りCDを紹介しました。

<高槻かなこが選ぶ! このジャケットが好き①>
◆シングル「I LOVE...」(Official髭男dism)
「ライトブルーのなかに、絵の具がサラッと落ちてるジャケットです。ヒゲダンさんって、基本的に顔出ししているジャケットはなくて、曲にまつわる絵だったりするんです。『I LOVE...』のジャケットをパッと見たとき、“これ、どういう意味なんだろう?”と思って聴いていたら“まるで水槽の中に飛び込んで溶けた絵の具みたいな~♪”のパートで“これだ! こういうことだ!”とハッとなりました!」

番組でも、解説中にBGMとして流れていた「I LOVE...」に合わせて、そのパートを熱唱していた高槻。ヒゲダンに限らず、K-POPグループなど、彼女の好きなアーティストはジャケットに本人が顔出ししないモノが多いのだとか。「だから私も、顔出しをしなくても“私だ!”と分かってもらえるアーティストになったら、“そういう路線もアリかな”と思ってます!」。

<高槻かなこが選ぶ! このジャケットが好き②>
◆アルバム『家庭教師』(岡村靖幸)
「ちょっとサイケデリックなコラージュのイラストジャケットなんです。最初、ちょっと怖かったんですよね。(お菓子の)ビスコみたいな男の子の顔が、真ん中で“どーん!”とオーラを放っていて(笑)、その下に岡村靖幸さんのイラストがあって。私、サイケデリックなこういう雰囲気がすごく好きで。しかも、このアルバムの中身の雰囲気をすごく捉えている。ジャケットも併せて名盤だと思います」

「どぉなっちゃってんだよ」「カルアミルク」など、岡村靖幸の代表曲が多数収録されている『家庭教師』のなかでも、高槻が1番好きな楽曲は「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」。“岡村ちゃん”にハマるきっかけとなったアルバムなので、思い入れも強いそうです。

<高槻かなこが選ぶ! このジャケットが好き③>
◆アルバム『CAFE JAPAN』(玉置浩二)
「“これはどういうこと?”という意味で気になりました。サブスクで玉置さんの過去の曲を遡って聴いていたときに、私の好きなバラードの曲を選んだら、このジャケ写が出てきてすごく面白かった。なぜかチャイナの服を着たり、ファントムみたいな仮面を被った玉置浩二さんがコラージュされていて。また、あの『田園』が入っているアルバムなので、これも名盤ですね」

番組では、『CAFE JAPAN』に収録されている人気曲「メロディー」もオンエア。高槻は「どの方もすごく好きなアーティストさんで本当によく曲を聴いているので、ジャケットを見ると同時に、ぜひみなさんに聴いていただけたらいいなぁと思います!」とコメント。みなさんも、高槻のお気に入りのジャケットと楽曲をチェックしてみてください!

<番組概要>
番組名:高槻かなこのROYAL Night
パーソナリティ:高槻かなこ
放送日時:毎週土曜 26:30~27:00/ FM大阪 毎週土曜28:00~28:30
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/royalnight